「キッチンヘルパー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「キッチンヘルパー」の意味とは

キッチンヘルパーとは、調理場で調理責任者の料理を補助する人という意味です。
主に外食産業のパート・アルバイトの職種の一つで、インターネットの求人サイトでの募集の際に使われる用語です。

 

コックが手際よく料理をしやすいよう、来客のピークが来る前に、食材の準備や下処理、簡単な仕込み作業を行います。
または、客に料理を運ぶのもキッチンヘルパーの役割としていることがあります。
営業前の時間帯に重点が置かれる仕事であり、営業時間中は後方部門を担当することが多い仕事です。
補助に徹し、ストーブなどの前に立つことは原則としてありませんが、店によっては調理作業も補佐する場合もあります。
日本食を提供する店舗の場合、「見習い」と呼ばれることもあります。

「キッチンヘルパー」の別の意味

背の低い幼児がキッチンで料理を手伝うためのステップツールで、「キッチンヘルパー」という商品が販売されています。

「キッチンヘルパー」の例文・用例

キッチンヘルパー

キッチンヘルパーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あそこの店でキッチンヘルパーを募集しているよ。
キッチンヘルパーの役割は、本格的な調理をすることではありません。

SNSでの「キッチンヘルパー」の使われ方

「キッチンヘルパー」の類義語

キッチンヘルパーの類義語はありませんでした。

「キッチンヘルパー」の対義語・反意語

キッチンヘルパーの対義語・反意語はありませんでした。