「エナジー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「エナジー」の意味とは

エナジーとは、活力、エネルギーという意味です。

「エナジー」の語源

エナジーの語源は、英語の「energy」です。意味は「活気」、「精力」など活動の源として体内に保持する力のことです。

「エナジー」の派生パターン

エナジーの派生語は、2つあります。

エナジーチャージ

「チャージ」は英語で「自動車、飛行機や蓄電池などに、燃料を入れたり、充電したりすること」という意味で、「エナジーチャージ」とは、エネルギーを充電するという意味です。「元気を出す」という意味合いで使われます。

―美味しいものを食べて、エナジーチャージする。

エナジードリンク

「エナジードリンク」とは、豊富な栄養素が含まれた炭酸の清涼飲料水です。 厚生労働省が定める基準では、食品(清涼飲料水)に該当します。

似たものに、栄養ドリンクがありますが、こちらは医薬品や医薬部外品に分類され、薬局やドラックストアで販売されています。それ対して、エナジードリンクは単なる清涼飲料水のため、コンビニやスーパーなどの飲み物売り場で市販されています。

エナジードリンクはこれから頑張りたい時に飲むドリンクですあるのに対し、栄養ドリンクは疲労した体を回復させるドリンクです。

「エナジー」の注意事項

似た言葉に「エレジー」がありますが、こちらは、「悲哀の情をテーマに歌った曲」のことをさします。語源はギリシャ語の「elegeia」(嘆き)で、英語では「elegy」と表現します。「エナジー」とは異なる語ですので注意してください。

「エナジー」の例文・用例

エナジー

エナジーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●最近エナジー不足だ。
エナジー全開でがんばる。

SNSでの「エナジー」の使われ方

「エナジー」の類義語

エナジーの類義語は、「エネルギー」や「元気」です。
「エネルギー」の語源はドイツ語の「energie」で、意味はエナジーと同じです。
「元気」は「活動の源になる気力」という意味です。

「エナジー」の対義語・反意語

エナジーの対義語・反意語はありませんでした。