「台パン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「台パン」の意味とは

台パンとは、ゲームセンターに設置されているゲーム機を叩く行為のことです。

「台パン」の語源

台パンの語源は、「台にパンチする」の略称です。
「台」は、ゲームセンターなどに設置されている「筐体(きょうたい)」のことを指します。筐体とは、この場合はアーケードゲームをプレイするための機械が納められている箱のことです。
また、パンチに限らず蹴りを入れたり頭突きや体当たりをする行為も「台パン」に含まれます。

「台パン」をする理由

台パンが行われる理由としては、ゲームをしていることで生じるなんらかの苛立ちを発散するためというのがまず挙げられます。
ゲームの難易度が高すぎてなかなかクリアできない、何度も同じところでミスをしてしまう、対戦型のゲームで相手の出方が気に入らなかったなどが主な理由です。

クレーンゲームなどの商品を獲得するゲームにおいては、台パンによって振動を与え、取りやすい位置に狙った商品を移動する目的で行われることもあります。

「台パン」はどのような罪に当たるか

ゲーム機は高価な精密機械であり、衝撃によって破損してしまった場合は器物損壊罪に当たります。また、同じ店舗でゲームを楽しんでいる人の気分を害したり怖がらせたりする行為なので、台パン以外の方法でストレスを発散することが大切です。

「台パン」の別の意味や使われ方

ゲームセンターだけでなく、パチンコやパチスロの筐体を激しく叩くことも同じく「台パン」と呼びます。
なかなか当たりが出ないことへの不満から台パンを行う他に、振動によってパチンコ台の誤作動を誘発する目的で行われる場合もありますが、これらはもちろん違法行為です。

また、家庭用ゲーム機やスマホでゲームをしていて、腹立たしい展開やミスがあった場合に机などを叩く行為を指すこともあります。

「台パン」の例文・用例

台パン

台パンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あの人よく台パンしてるよね…店員さんに言おうかな。
●ガチャ連敗して思わず部屋で台パンしちゃったよ。

SNSでの「台パン」の使われ方

「台パン」の類義語

台パンの類義語は、「台バン」です。
「台をバンバン叩く」の略称で、台パンと同義で使われることがあります。

「台パン」の対義語・反意語

台パンの対義語・反意語はありませんでした。