スキンケア用語

「角化」の意味とは 角化とは、表皮の1番内側の基底層で角化細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの過程のことです。 基底層では細胞分裂によって日々、新しい角化細胞が ...

スキンケア用語,美容用語

「保湿」の意味とは 保湿とは、皮膚に水分を補い、蒸発を防いで充分な水分を持たせることという意味です。 保湿されている肌は潤いがあり、表面もなめらかでやわらかくな ...

スキンケア用語,美容用語

「イオン導入」の意味とは イオン導入とは、肌の表面にしか行き渡らない化粧水の成分を、機器を使用して皮膚に微弱電流を流し、肌の奥に浸透させる技術という意味です。 ...

スキンケア用語

「あぶらとり紙」の意味とは あぶらとり紙とは、メイクを落とさずに顔の皮脂を取り除くことができる、化粧用の和紙のことです。元々は襖や屏風に使われる金箔の製造時に用 ...

スキンケア用語

「アゼライン酸」の意味とは アゼライン酸とは、海外でニキビ治療薬として使われている成分のことです。 当初アゼライン酸はメラニンの生成を抑えることから美容目的の塗 ...

カタカナ語,スキンケア用語

「サーカディアンリズム」の意味とは サーカディアンリズムとは、あらゆる生物が生まれながらにして持っている生体リズムのうち、およそ24時間周期のもののことです。 ...

スキンケア用語

「エクリン汗腺」の意味とは エクリン汗腺とは、汗を分泌する器官である汗腺のうち、主に体温調整のために汗を出す汗腺のことです。エクリン汗腺は唇や爪などを除いたほぼ ...

スキンケア用語

「HIFU(ハイフ)」の意味とは HIFU(ハイフ)とは、「高密度焦点式超音波」という意味です。 超音波を一点に集中させて、皮下組織や肌を支える土台である、コラ ...

カタカナ語,スキンケア用語

「ノンシリコン」の意味とは ノンシリコンとは、シリコンが入っていないシャンプーの「ノンシリコンシャンプー」という意味です。 多くのシャンプーに配合されている「シ ...

スキンケア用語

「角質層」の意味とは 角質層とは、皮膚の表皮のいちばん外側にある層という意味です。 死んだ細胞の角質細胞が、重なり合うように10~20の層を形成し、皮膚の内側を ...

スキンケア用語

「合成ポリマー」の意味とは 合成ポリマーとは、合成樹脂や合成繊維、ポリウレタンや合成ゴムのことです。 変質や腐食を招かない原料として化粧品にも多用されており、少 ...

スキンケア用語

「基底細胞」の意味とは 基底細胞とは、表皮のいちばん内側にある層という意味です。 基底細胞の分裂によって、「ケラチノサイト(角化細胞)」が生み出されます。 「基 ...

スキンケア用語

「合成界面活性剤」の意味とは 合成界面活性剤とは、石油などを原料に作られた界面活性剤のことです。界面活性剤とは、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる ...

スキンケア用語

「皮脂腺」の意味とは 皮脂腺とは、皮脂を分泌する器官のことです。てのひらと足底を除く全身に分布しており、脂肪酸やコレステロールを成分とする皮脂を分泌し、毛や皮膚 ...

カタカナ語,スキンケア用語

「セラミド」の意味とは セラミドとは、動物や人の体内で作られる脂肪の一種です。 皮膚の保湿や柔軟性を維持する働きがあるとされ、化粧品などに使用されています。また ...

カタカナ語,スキンケア用語

「ソウハクヒエキス」の意味とは ソウハクヒエキスとは、クワの根皮を乾燥させて抽出したエキスのことです。 淡黄褐色の液体で、独特なにおいがあります。 その抗酸化作 ...

スキンケア用語

「ほうれい線(法令線)」の意味とは ほうれい線(法令線)とは、小鼻から唇の両側を通り顎へと延びているシワという意味です。 表情筋の衰え、肌の真皮内のコラーゲンや ...

カタカナ語,スキンケア用語

「アンチエイジング」の意味とは アンチエイジングとは、抗老化、抗加齢という意味です。 人間は、生まれてからの時間と共に体の機能が衰え、そのことが重大な病気の発病 ...

スキンケア用語

「カルボニル化」の意味とは カルボニル化とは、エラスチンやコラーゲンなどのタンパク質と、酸化した脂質の代謝物とが結合することで、黄色くくすんだ肌色に変色させる、 ...

スキンケア用語

「紫外線吸収剤」の意味とは 紫外線吸収剤とは、肌の表面で紫外線を吸収し、化学反応を起こすことで肌の内部に紫外線が侵入することを防ぐ役割を持っている成分という意味 ...

スキンケア用語

「太田母班」の意味とは 太田母班とは、額や目の周り、頬、鼻、耳介など、顔の片側に生じる青あざという意味です。 黄色人種の女性に特に多く、通常は顔の片側だけに見ら ...

スキンケア用語

「乾燥性脂性肌」の意味とは 乾燥性脂性肌とは、角質内部の水分量が不足して乾燥している部分と、皮脂の分泌量が多くベタついている部分が混在している肌のことです。 ...

スキンケア用語

「アストリンゼント効果」の意味とは アストリンゼント効果とは、毛穴を一時的に引き締めることで、汗や皮脂の過剰な分泌を抑制する作用のことです。つまり、簡単にいうと ...

カタカナ語,スキンケア用語

「オキシドール」の意味とは オキシドールとは、過酸化水素を約3パーセント含む無色透明の水溶液で、発泡により、傷口の消毒と洗浄を同時に行う殺菌消毒薬のことです。「 ...

スキンケア用語

「抗菌」の意味とは 抗菌とは、菌の増殖を抑制することです。つまり菌が住みにくい環境を予めつくり、菌が増殖しないようにすることをいいます。 「抗菌」という言葉は、 ...

スキンケア用語

「タール色素」の意味とは タール色素とは、染料や合成着色料の一種で、食品、医薬品、口紅などの化粧品、食品添加物、衣服などの工業製品などの着色料として使用されてい ...

スキンケア用語

「ケラトヒアリン顆粒」の意味とは ケラトヒアリン顆粒とは、表皮の顆粒層で、表皮角化細胞(ケラチノサイト)の顆粒細胞の中に存在するたんぱく質で、ガラス質状の顆粒と ...

カタカナ語,スキンケア用語

「SPF」の意味とは SPFとは、紫外線UV−Bに対しての防止効果を示す指標という意味です。 数字が大きいほど、紫外線UV−Bを防ぐ効果は高く、最大は「50+」 ...

スキンケア用語

「弱酸性」の意味とは 弱酸性とは、中性よりわずかに酸性という意味です。 人間の肌は、皮脂に由来する「脂肪酸」により、弱酸性と言われており、健康な肌の表面はpH4 ...

スキンケア用語,医療用語

「コンドロイチン硫酸」の意味とは コンドロイチン硫酸とは、関節でクッションの役割をしている軟骨の構成成分のひとつです。コンドロイチン硫酸は元々軟骨・血管・皮膚・ ...