将棋用語

「棋聖戦」の意味とは 棋聖戦とは、プロ将棋のタイトル戦の一つです。 「きせいせん」と読みます。 産業経済新聞社と日本将棋連盟によって主催されている棋戦(※)で、 ...

将棋用語

「王座戦」の意味とは 王座戦とは、プロ将棋のタイトルの一つです。 日本経済新聞社と日本将棋連盟が主催している将棋の棋戦(※)の一つです。 (※棋戦とは、将棋のプ ...

将棋用語

「壁」の意味とは 壁とは、複数の味方の駒が他の駒の動きを妨害している状態のことです。 一時的に相手の攻めを防ぐために置いたものの、その後は役に立たず、むしろ味方 ...

将棋用語

「成金」の意味とは 成金とは、将棋で金と同じ動きをする成り駒のことです。 「なりきん」と読みます。 具体的には「成銀」「成桂」「成香」「と金」を指します。 そも ...

将棋用語

「間接王手飛車」の意味とは 間接王手飛車とは、将棋で相手の角または香車によって、飛車を動かすと玉が取られてしまう状況のことです。 「かんせつおうてびしゃ」と読み ...

将棋用語

「銀ばさみ」の意味とは 銀ばさみとは、将棋で相手の銀の左右を歩で挟んで、逃げ場所を無くす手筋のことです。 銀の行動できる範囲は、左右の真横と真下を除く隣り合わせ ...

将棋用語

「本譜」の意味とは 本譜とは、将棋である対局で実際に指された手順のことです。 「ほんぷ」と読みます。 本譜に対して、その対局で実際に指されなかった指し手として「 ...

将棋用語

「穴熊の姿焼き」の意味とは 穴熊の姿焼きとは、将棋で穴熊囲いの形を留めている状態で形勢が不利になることです。 「あなぐまのすがたやき」と読みます。 「穴熊(穴熊 ...

将棋用語

「一丁半」の意味とは 一丁半とは、将棋で主に対戦相手の棋力と5段級差がある場合に適用されるハンディキャップのことです。 「いっちょうはん」と読み、略して「半」と ...

将棋用語

「互角」の意味とは 互角とは、将棋の形勢で両者に優劣をつけられない状況のことです。 戦略・戦力ともに拮抗している局面、すなわち両者に優劣の差がほとんどない状況を ...

将棋用語

「一手負け」の意味とは 一手負けとは、将棋で一手間に合わずに詰まされてしまうことです。 逆に相手よりも一手早く詰みにすることを「一手勝ち」と言います。 すなわち ...

将棋用語

「遊び駒」の意味とは 遊び駒とは、将棋で攻め、または受けで貢献してない盤上の駒のことです。 攻めや受けで戦略的に貢献している駒を「働いている駒」と表現する場合、 ...

将棋用語

「即詰み」の意味とは 即詰みとは、将棋でどのような行動を取っても、次の手で玉が取られてしまう状況のことです。 「そくづみ」と読みます。 また、「次の手」に限らず ...

将棋用語

「継ぎ桂」の意味とは 継ぎ桂とは、将棋で自駒の桂馬の飛び先に、さらに桂馬を打つ手筋のことです。 「つぎけい」あるいは「つなぎけい」と読みます。 打った桂馬が取ら ...

将棋用語

「加藤一二三」の意味とは 加藤一二三とは、1940年(昭和15年)1月1日生まれ、福岡県出身の将棋棋士です。 現在、唯一生存している戦前生まれの名人経験者です。 ...

将棋用語

「駒組み」の意味とは 駒組みとは、将棋で守りや攻めの準備をすることです。 主に中盤・終盤の攻防に備え、囲いや攻めの態勢を整えることを意味します。 そのため、先手 ...

将棋用語

「難局」の意味とは 難局とは、解決が難しい状況や情勢のことです。 難局の「局」は局面のことで、将棋・囲碁では試合展開における特定の状況を表します。 中でも、圧倒 ...

将棋用語

「相」の意味とは 相とは、先手・後手ともに同じ戦型ないし囲いを成している状態を表す接頭語です。 例えば、以下のように戦型・囲いの名称の頭に「相」を付けるのが通例 ...

将棋用語

「桂頭の銀」の意味とは 桂頭の銀とは、将棋で相手の桂馬と向かい合うように銀を置いて受けることです。 「けいとうのぎん」と読みます。 銀の行動範囲は縦と斜め前後の ...

将棋用語

「顔面受け」の意味とは 顔面受けとは、将棋で玉の前方の利きによって、上部からの攻めを受けることです。 玉を取られたら負ける将棋の世界では、玉で相手の攻めを受ける ...

将棋用語

「行き所のない駒」の意味とは 行き所のない駒とは、将棋で最後まで動かせない駒のことです。 具体的には、相手の陣地における一段目に「歩兵」「香車」、一段~二段目に ...

将棋用語

「俗手」の意味とは 俗手とは、誰でも考えつくような、さほど技巧的でない手のことです。 読み方は「ぞくしゅ」です。 「ぞくて」と間違われやすいので注意しましょう。 ...

将棋用語

「強手」の意味とは 強手とは、大駒や金駒のような価値の高い駒を戦術的に犠牲にする手のことです。 読み方は「きょうしゅ」です。 「きょうて」や「つよて」等と間違わ ...

将棋用語

「攻防手」の意味とは 攻防手とは、将棋で相手の玉を攻めつつ、自分の玉を守る手のことです。 主に以下のようなケースが攻防手と見なされます。 ・自陣と相手の陣の両方 ...

将棋用語

「棋譜を汚す」の意味とは 棋譜を汚すとは、将棋で終盤に悪手を繰り返すこと、またはあきらかに負けている局面で投了せずに打ち続けることを意味する言葉です。 読みは「 ...

将棋用語

「位取り」の意味とは 位取りとは、相手の歩兵が初期位置にある筋において、自分の歩兵を五段目に指すことを意味する将棋用語です。 最初の陣形のように両者が対面してい ...

将棋用語

「小駒」の意味とは 小駒とは、将棋の駒のうち「金将」「銀将」「桂馬」「香車」「歩兵」の総称です。 玉将および大駒(飛車・角行)以外の駒、と考えると理解が早いでし ...

将棋用語

「箱入り娘」の意味とは 箱入り娘とは、将棋における囲いの一つです。 「舟囲い」と呼ばれる別の囲いの発展形です。 先手から見た時、7八に玉、6八と6九に金、8八に ...

将棋用語

「金駒」の意味とは 金駒とは、将棋で金将(金)または銀将(銀)の駒を意味する言葉です。 「かなごま」と読みます。 飛車と角行(角)を意味する「大駒」のように、主 ...

将棋用語

「真似将棋」の意味とは 真似将棋とは、将棋の対局において相手の指し手を真似て、同じ手を続けることです。 例えば、先手が▲2六歩と進めたら、後手も同様に△8四歩を ...