「ボキャブラリー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-03-10

「ボキャブラリー」の意味とは

ボキャブラリーとは、語彙という意味です。
「ボキャブラリー」の意味は「語彙」となり、さらにこの意味は「ある言語の持つ言葉の数」や「ある人が持っている言葉の数」となります。
カタカナ語のボキャブラリーの意味する語彙は、主に後者の人に紐付いた言葉の数として使われることが多い点がポイントです。

ボキャブラリーが意味する日本語の「語彙」が、そもそも理解の難しい単語と言えるでしょう。
そのため語彙の代わりとして、カタカナ語のボキャブラリーが広まったと考えられます。
そのためニュアンス的に使われており、ボキャブラリーとは人に紐付いた言葉の和を表すことが多いのです。
つまり実際に使用の多い意味で解釈をすれば、意味は「語彙」よりも「語彙力」が当てはまると言えるでしょう。

語彙力とはある人の持つ言葉の数々を測る単語であり、「語彙力がある」となれば多くの言葉を知っているという意味になります。
反対に「語彙力がない」となれば知っている言葉が少なく、いつも同じ言葉や単語しか使っていないような人を指すのです。

「ボキャブラリー」の語源

ボキャブラリーの語源は、英単語のvocabularyです。

vocabularyの意味は、カタカナ語と同じく語彙となります。
その他にも「言葉遣い」、「辞書」、「用語集」などといった言葉の使い方自体や調べ物をするツールを意味することもある点が注意点です。

カタカナ語には無い意味を有していますので、英単語のvocabularyの和訳には注意が必要となります。
前後の文から判断しないでカタカナ語と同じ解釈だけでは、誤用や誤訳に繋がるため注意しましょう。

またカタカナ語の場合では、言葉の使い方やツールを指すことはほとんどありません。
カタカナ語でのボキャブラリーは、あくまでニュアンス的な使い方が多い点を押さえておきましょう。

「ボキャブラリー」の増やし方

ボキャブラリーは、自身の努力で増やすことのできるものです。

ボキャブラリーという単語の意味の理解を深めるために、ボキャブラリーの増やし方という視点もチェックしておきましょう。

ボキャブラリーを増やすということは、つまりは語彙力を高めるということです。
つまり多くの言葉を知っている、または使うことができるということになります。

そのためボキャブラリーを増やすためには、多くの言葉や単語に触れる必要があるのです。
ボキャブラリーを増やすためには、読書やニュースなどを意識的に見る必要があります。
その他映像コンテンツや、ラジオを聴くなどでも増えていくことでしょう。

そして重要なことは多くの言葉に触れる機会に身を置き、覚えることが必要となります。
しかも覚えた上で、しっかりと使うことができないとなりません。
新しい言葉に出会ったら、なるべく意識してその言葉を使うこともポイントです。
このように言葉に触れる機会に身を置き、新しい言葉をなるべく使うという努力でボキャブラリーは増えていきます。

「ボキャブラリー」の例文・用例

ボキャブラリー

ボキャブラリーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●社会に出て企業に勤める以上、ある程度ボキャブラリー をしっかりと持つべきだ。
●話し合いが食い違う原因には、ボキャブラリー 不足もあるんじゃやちのか?。

SNSでの「ボキャブラリー」の使われ方

「ボキャブラリー」の類義語

ボキャブラリーの類義語は、「用語」です。
意味は、対象のものに対して用いられる言葉となります。

ボキャブラリーの類義語は本来、その意味のままである語彙です。
しかし解釈を広げていけば、この語彙を形成する「用語」も類義語と言えるでしょう。

「ボキャブラリー」の対義語・反意語

ボキャブラリーの対義語は、「フレーズ」です。
意味は、決まり文句や慣用句です。
ボキャブラリーと異なり、一つの分で括られる言葉を指す単語となります。

またボキャブラリーは、ほかの言葉に言い換えることができるものの数々を表していました。
しかしフレーズは、決まり文句などの決まった言葉によって完成することものです。