「エコロジカル・アプローチ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「エコロジカル・アプローチ」の意味とは

エコロジカル・アプローチとは、支援が必要な対象者に対し、その人が置かれている環境との相互作用も視野にいれてはたらきかけることという、主にソーシャルワークの分野で使われている言葉です。

「エコロジカル・アプローチ」の語源

エコロジカル・アプローチの「エコロジカル」とは、英語では「ecological」と表記します。
「生態学」を意味する「ecology」の形容詞にあたり、直訳すると「生態学上の」「生態学的な」といった意味になります。

カタカナ語の「エコロジカル」は、「環境と調和している」といった意味合いで使われます。「エコロジカル・アプローチ」の場合は自然環境だけでなく、対象者をとりまく家族や職場、地域の人達との人間関係を含めた「環境」のことに言及しています。

また、「アプローチ」は英語の「approach」のことで、対象に接近したりはたらきかけをすることを意味します。

「エコロジカル・アプローチ」の特徴

エコロジカル・アプローチの特徴は、支援を必要とする対象者のことを「個人」としてではなく、「集団の一員」として捉えることにあります。

ソーシャルワーク(社会福祉)におけるアプローチの手法は複数存在し、例えば以下のようなアプローチ手法が挙げられます。

  • 問題解決アプローチ…対象者自身が問題解決できるよう援助する
  • 危機介入アプローチ…危機的な状況に陥っている相手になるべく早く介入し、危機に対しての対処能力を高められるよう援助する
  • エンパワメントアプローチ…対象者が抑圧された状況にいることを認識し、潜在能力をもって対処できる能力を高められるようはたらきかける

他にも「心理社会的アプローチ」や「フェミニストアプローチ」などの手法があり、「エコロジカル・アプローチ」はそのひとつとなっています。

人を取り巻く環境は複雑であり、学校や職場、家族や友人など、様々な環境が相互に作用しながら対象者に関わってきます。
環境が適切であればストレスなく、豊かな生活を送れますが、不適合な環境であると大きなストレスとなり、時には日常生活に支障が出てしまうこともあります。

エコロジカル・アプローチは、問題の原因が過去や個人ではなく「現在の環境」にあると認識して行う支援へのアプローチ手法であるといえます。

「エコロジカル・アプローチ」の例文・用例

エコロジカル・アプローチ

エコロジカル・アプローチを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

エコロジカル・アプローチという手法についてしっかりと勉強していきましょう。
●この要支援者にはエコロジカル・アプローチが必要であると思われます。

SNSでの「エコロジカル・アプローチ」の使われ方

「エコロジカル・アプローチ」の類義語

エコロジカル・アプローチの類義語はありませんでした。

「エコロジカル・アプローチ」の対義語・反意語

エコロジカル・アプローチの対義語・反意語はありませんでした。