「昆虫食女子」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「昆虫食女子」の意味とは

昆虫食女子とは、昆虫を美容や健康にいいスーパーフードとして食べる女性という意味です。

「昆虫食女子」の概要

「昆虫食」はたびたび「未来の食べ物」「次世代のスーパーフード」として紹介されることが多くなっています。日本ではイナゴの佃煮などが昔から有名ですが、人口増加による食糧難の解決策のひとつとして、2013年に国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食という食文化を提唱したことで再び注目を集めたためです。

昆虫は育てるための資源が少なく、それでいて家畜に比べて生産性が高いのが特徴です。また、効率よくタンパク質を摂取することができ、ビタミンやミネラル、アミノ酸や鉄分といった栄養も豊富に含まれています。

この「環境にも優しく、美容・健康にもいい」という点で、ハリウッド女優など海外のセレブからも受け入れられており、そこからエコロジーや美容への感度が高い女性の間でも注目を集めることになりました。
2020年に「無印良品」から販売された「コオロギせんべい」が即完売するなど、大手企業もこの「昆虫食」や「昆虫食女子」の流れに参入しています。

「昆虫食女子」のタレント

昆虫食女子が注目を集めたもうひとつのきっかけとして、タレントの井上咲楽が出演した『陸海空 こんなところでヤバいバル』というテレビ番組が挙げられます。
井上さんは番組内の「虫の力だけで3泊4日離島一周ヤバいいね!の旅」という企画に出演し、昆虫だけを食べて過ごすという挑戦をしました。

そこで美味しそうに昆虫を食べる様子が反響を呼び、昆虫食への「ちょっと気持ち悪い、怖い」という従来の概念を壊しました。井上さんは私生活でも好んで昆虫料理を楽しむなど、ポジティブなイメージで語ることが「昆虫食女子」へも大きな影響を及ぼしています。

「昆虫食女子」の例文・用例

昆虫食女子

昆虫食女子を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●環境のことを考えて昆虫食女子に挑戦してみようと思う。
昆虫食女子なのでカバンにコオロギスナックが入ってるよ。

SNSでの「昆虫食女子」の使われ方

「昆虫食女子」の類義語

昆虫食女子の類義語はありませんでした。

「昆虫食女子」の対義語・反意語

昆虫食女子の対義語・反意語はありませんでした。