「ボランタリーチェーン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ボランタリーチェーン」の意味とは

ボランタリーチェーンとは、店舗同士が自発的に協力し、組織化してチェーン展開するという意味です。

「ボランタリーチェーン」の語源

「ボランタリー」とは英語の「voluntary」からきています。
「自発的である」「自由意志で」という意味があり、そこから「自発的にチェーン展開する」という事業形態を表すようになりました。

「ボランタリーチェーン」と「フランチャイズ」

ボランタリーチェーンとフランチャイズは、どちらも本部組織が存在するチェーン形態です。しかしフランチャイズは本部との上下関係があるのに対し、ボランタリーチェーンは加盟店が共同出資して本部を形成しているため、同列の立場になります。

フランチャイズでは本部のマニュアルや指導に基づいて店舗が運営されますが、ボランタリーチェーンでは店舗独自の判断や個性がより大事にされ、ノルマや規則においてもフランチャイズよりも大らかなシステムといえます。ただどちらも、店名やロゴ、制服や主なオペレーションは加盟店で統一されているのが一般的です。

「ボランタリーチェーン」のメリット・デメリット

ボランタリーチェーンの主なメリット・デメリットをご紹介します。

ボランタリーチェーンのメリット

  1. 食材や設備などを共同購入するため、仕入れコストが削減される
  2. フランチャイズよりも店舗ごとの個性を打ち出しやすい
  3. 横のつながりが強いので、情報共有がしやすい

ボランタリーチェーンのデメリット

  1. フランチャイズと比較すると店舗ごとの経営努力が必要
  2. まだそこまで知名度の高い飲食店が多く加盟していない

チェーンの恩恵を受けつつ、厳しいノルマや規則がないという良さがありますが、一方で店舗ごとの経営の手腕が問われるのがボランタリーチェーンの特徴といえます。

「ボランタリーチェーン」の例文・用例

ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●飲食店経営が夢なので、ボランタリーチェーンについて勉強している。
ボランタリーチェーンのお店も増えてきたみたいだね。

SNSでの「ボランタリーチェーン」の使われ方

「ボランタリーチェーン」の類義語

ボランタリーチェーンの類義語は、「フランチャイズ」です。
フランチャイズ加盟店は、本部から屋号やサービス、商品のノウハウなどを使う権利をもらい、その対価を本部に支払うという仕組みになっています。

「ボランタリーチェーン」の対義語・反意語

ボランタリーチェーンの対義語・反意語はありませんでした。