「謎解き」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-05-17

「謎解き」の意味とは

謎解きとは、謎解きゲームを指します。

近年では謎解きの中でも、体験型のリアル謎解きゲームを指すことが多くなっています。

プレイヤーとなる参加者が、限次世界で実際に行動をして謎を解いていくという体験型のゲームを指すのです。

謎解きゲームといえば、かつては画面越しに行う架空の世界で行われるゲームがほとんどでした。

現在でも架空の世界での謎解きゲームは存在していますが、勢いよくユーザー数を伸ばしているのが上記の体験型のリアル謎解きゲームとなっているのです。

体験型のリアル謎解きゲームは一種の体験型のイベントともいえ、「コト消費」の1つとして流行をしています。

またそうした流行を背景にさまざまな企業が参入していることから、非常に多くの種類のリアル謎解きゲームがリリースされているのです。

「謎解き」の語源

謎解きの語源は、本来の謎解きです。

その中で近年では、多くの場合で「リアル謎解きゲーム」の略語として使われることが多いのです。

こちらの場合での「リアル」は、「現実の世界」を表しています。

「謎解きゲーム」は、リアルでも仮想世界であっても「謎を解きながら進んでいくゲーム」を指しているのです。

しかし現在ではリアル謎解きゲームの流行から、現実世界での謎解きゲームを指すことが多くなっています。

「謎解き」の豊富さは?

謎解きは、種類が豊富です。

謎解きらしい「迷宮」といったテーマや、演出として見どころの多い「美術館」などが人気のテーマとなっています。

またアニメや人気ドラマなどとのタイアップも多くなっており、まさにイベントとしての側面の強いゲームなのです。

さらにタイアップの作品にも、多くのジャンルのものが見受けられます。

大人向けのゲームに限らず、テーマによっては子ども向けとなるものもあるのです。

そのためテイストも可愛らしいものから、ホラーやサスペンステイストのものまでと非常に幅が広くなっているのです。

そうした点から現在のような流行となっており、「謎解き」といえば「リアル謎解きゲーム」を指すことが多くなっています。

「謎解き」の例文・用例

謎解き

謎解きを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●最近は期間限定の謎解き イベントが多くて、行きたいものに行ききれない。
●流行っているのか謎解きゲームは、地方に行ってもどこでも見かけるよね。

SNSでの「謎解き」の使われ方

「謎解き」の類義語

謎解きの類義語は、「体験型ゲーム、謎解き」です。
意味は、それぞれ体験するタイプのゲームと謎を解いていくゲームです。

近年では「謎解き」は、「リアル謎解きゲーム」を指すことが多い単語でした。

リアル謎解きゲームは「体験型のゲーム」と、「謎を解いて進んでいくゲーム」が合わさったものです。

そのためそれぞれの、いずれであれ「体験型のゲーム」が類義語となっています。

また同じ理由で、いずれであれ「謎を解いて進んでいくゲーム」が類義語となるのです。

そのためこれらの2つの単語が類義語となっています。

「謎解き」の対義語・反意語

謎解きの対義語は、「単に受け身のイベント」です。
意味は、参加型ではないイベントです。

謎解きの最大の特徴は、プレイヤーが参加をしてその行動によってゲームの進行がなされていくゲームまたはイベントとなっています。

そのためゲーム進行の内容が決まっているような、受け身のゲームやイベントが対義語となるのです。