「鉄板」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「鉄板」の意味とは

鉄板とは、通常鉄製の板を指しますが、鉄が非常に硬いことから狙い通りの成功が「かたい」ことを意味する言葉でも使われています。
相手に受ける話題や冗談のことを「鉄板ネタ」と言い、「テッパン」とカタカナで書き表されることもある言葉です。

「鉄板」の別の意味や使われ方

鉄板には、他にも以下のような意味で使われます。

鉄板焼き

鉄板焼きは、熱した鉄の板で野菜や肉、魚などを焼きながら食べる料理です。
お好み焼きやもんじゃも鉄板焼きに含まれます。
鉄は蓄熱性があり、均一の温度で調理ができるため、野菜の一気に水分を飛ばします。
また、肉の外側をしっかり焼き、内部の水分をうまみとともに残すので、仕上がりがジューシーで美味しく仕上げられるのが特徴です。
ホットケーキを鉄板で焼くこともあります。

鉄板レース

競馬や競輪では、本命が来て人気順の決着となる予想がされているレースを「鉄板レース」と言います。

女性に対して…

また、女性で胸が小さいことを「鉄板」「洗濯板」と言います。
しかし決して誉め言葉ではないため、口にするのは控えたほうが良いでしょう。

NHKの朝ドラ

平成22年後期の連続テレビ小説では、尾道と大阪の家族のストーリーを描き人気となった「てっぱん」が放映されました。
主演は瀧本美織さんです。

「鉄板」の例文・用例

鉄板

鉄板を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今回のレースは鉄板だよ。
●あの芸人、鉄板ネタしかやらないからなあ。

SNSでの「鉄板」の使われ方

「鉄板」の類義語

鉄板の類義語は、「すべらない話」「とっておきの話」などです。
意味は、「場を盛り上げる自信のある話」です。

「鉄板」の対義語・反意語

鉄板の対義語・反意語はありませんでした。