「カタルーニャ料理」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「カタルーニャ料理」の意味とは

カタルーニャ料理とは、スペイン北東部にあるカタルーニャ地方の伝統料理のことです。

カタルーニャ地方とは

カタルーニャ地方は、スペインの北東部の地中海沿岸部に位置する「カタルーニャ州」という自治州がある地域で、英語圏では「カタロニア」と呼ばれています。
バルセロナ、ジローナ、リェイダ、タラゴナの4県からなり、州都はバルセロナとなっています。独自の文化や言語を持ち、この地域で生まれ暮らす人々を「カタルーニャ人」と呼んでいます。

「サグラダファミリア」で有名な建築家ガウディや、著名な画家であるサルバドール・ダリを輩出するなど、芸術の街としても有名です。また、世界的なサッカーの強豪チーム「FCバルセロナ」の拠点でもあります。

東側は地中海に面し、北のフランスとの国境にはピレネー山脈が広がります。内陸にも豊かな土壌があり、魚介から野菜、乳製品など多様な食材に恵まれているため、美食の街としても古くから発展してきました。

「カタルーニャ料理」の特徴

カタルーニャは、スペインの中でもミシュランの星を持つレストランがもっとも多い地域です。

海の幸にも山の幸にも恵まれており、例えば海老と鶏肉を一緒に煮込むなど、魚介も肉も贅沢に使うスタイルがカタルーニャ料理の特色となっています。
野菜をメインにした料理も多く見られ、ジャガイモやカブ、カリフラワー、アーティチョークや、地中海料理でもよく使われるトマトや玉ねぎ、ニンニクといった食材がふんだんに使われています。地中海料理に近いためオリーブオイルも多用されます。

肉は仔羊や豚肉、ジビエなど様々な種類が用いられ、ソーセージの種類も豊富です。
また、スパークリングワインの「カバ」の産地としても有名です。

「カタルーニャ料理」の例文・用例

カタルーニャ料理

カタルーニャ料理を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●スペインに行ったら絶対にカタルーニャ料理を食べたいな。
カタルーニャ料理にはやっぱりスパークリングワインが合うね。

SNSでの「カタルーニャ料理」の使われ方

「カタルーニャ料理」の類義語

カタルーニャ料理の類義語はありませんでした。

「カタルーニャ料理」の対義語・反意語

カタルーニャ料理の対義語・反意語はありませんでした。