「台湾カステラ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「台湾カステラ」の意味とは

台湾カステラとは、台湾の北にある「淡水」発祥のカステラのことです。

「古早味蛋糕(昔ながらのケーキ)」、「現烤蛋糕(焼きたてケーキ)」などと呼ばれています。
日本では2020年ごろから人気となり、SNSにも多くの写真が投稿されることでブームとなりました。
数々の台湾カステラ専門店もオープンし、最近では、コンビニエンスストアでも購入できるようになっています。

「台湾カステラ」の特徴

台湾カステラの主な材料は卵、牛乳、卵白(メレンゲ)、薄力粉、グラニュー糖、油で、シフォンケーキのようなしゅわっとなくなるくちどけ、そして独特のぷるぷる、ふわふわ感が人気です。

「台湾カステラ」とシフォンケーキ・スポンジケーキとの違い

日本で親しまれてきたスポンジケーキやシフォンケーキなどの洋菓子と、台湾カステラとが一番異なる部分は焼き方です。
スポンジケーキやシフォンケーキはオーブンで焼き上げますが、台湾カステラはオーブンの天板に水を張って蒸し焼きにします。
また、スポンジケーキやシフォンケーキはバターを使うことが多いですが、台湾カステラでは太白ごま油などの植物油を使うことが多いのも特徴です。

「台湾カステラ」と日本のカステラとの違い

日本のカステラは材料に強力粉が使われて、仕上がりがしっとりもちもちした食感になっています。
対して台湾カステラは薄力粉が使われ、メレンゲをを使ってふんわりと焼き上げられているのが特徴です。

「台湾カステラ」の例文・用例

台湾カステラ

台湾カステラを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●はじめて食べた台湾カステラ、ふわっふわの食感が癖になりそう。
台湾カステラは家でも簡単に作れるんだよ。

SNSでの「台湾カステラ」の使われ方

「台湾カステラ」の類義語

台湾カステラの類義語はありませんでした。

「台湾カステラ」の対義語・反意語

台湾カステラの対義語・反意語はありませんでした。