「Android(アンドロイド)」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-05-14

「Android(アンドロイド)」の意味とは

Android(アンドロイド)とは、スマートフォン用OSの一種の事です。

「Android(アンドロイド)」は、Googleが開発したスマートフォン用のOSを指します。

GoogleのAndroid(アンドロイド)登場以前は、Apple社によるiPhoneのiOSの独占状態でした。

その中でGoogleによってリリースされたAndroid(アンドロイド)は、ライセンスフリーという特徴を持って市場に投入されたのです。

ライセンスフリーであったことから、瞬く間にdocomoやauなどがこぞってAndroid(アンドロイド)向けのスマートフォンを販売し始めました。

その結果として2011年にはこれまで独占状態だったiPhoneを抜き、世界でトップシェアを獲得するまでとなったのです。

これによって「スマートフォン=iPhone」であった図式をひっくり返しました。

「Android(アンドロイド)」の語源

Android(アンドロイド)の語源は、Androidです。

語源は上記の通りに、英単語の「Android」に由来しています。

直訳では「人造人間」となっており、機械であるものの人間に近い存在というニュアンスが含まれているのです。

この名前を付けた理由には、「人に近しい存在になって欲しい」という開発者のアンディ・ルービン氏の願いが込められています。

また英単語の「Android」の語源は、ギリシア語の「andro-」で意味は「男性のようなもの」です。

ギリシア語を由来とし、人造人間を意味する「Android」が語源となり、その名前を付けた理由には開発者の願いが込められているとなっています。

「Android(アンドロイド)」のiPhoneとの違い

上述の通りにAndroid(アンドロイド)は、これまでiPhoneの独占状態だった市場に参入した形で登場しました。

そのため先に登場していたiPhoneと、後から登場したAndroid(アンドロイド)には大きな違いがあります。

もっとも大きな違いは、上述の通りライセンスフリーかそうで無いかの違いです。

iPhoneのiOSは、Apple社製品にしか使えないためiPhoneのみが選択肢となります。

しかしライセンスフリーのAndroid(アンドロイド)では、複数社のさらにその中の複数機種が選択可能です。

そのためiOSではiPhoneのみの選択である一方、Android(アンドロイド)では機能や性能に関して数多くの選択肢を有することになりました。

またそもそもの違いとして、Android(アンドロイド)ではカスタマイズ性の自由が高いことが特徴として挙げられます。

例えばホーム画面の設置、マイクロSDなどの外付けはiPhoneでは出来ずAndroid(アンドロイド)では可能などです。

防水機能などの機能は、先にAndroid(アンドロイド)が開発をし後からiPhoneが追いついたかたちとなっています。

こうした違いなどもあり、iPhoneの独占状態をAndroid(アンドロイド)が崩していったのです。

「Android(アンドロイド)」の例文・用例

アンドロイド

Android(アンドロイド)を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●iPhoneよりAndroid(アンドロイド) が流行って当たり前だと僕は思う。
●なぜ日本ではAndroid(アンドロイド)の人気以上に、iPhoneが支持されるのか不思議。

SNSでの「Android(アンドロイド)」の使われ方

「Android(アンドロイド)」の類義語

Android(アンドロイド)の類義語は、「iOS」です。
意味は、Apple社製品のOSです。

上記の通りで、Android(アンドロイド)がiPhone以外のスマートフォンのOSでした。

そしてiOSがiPhoneのOSとなっており、どちらもスマートフォン対応のOSとなるため類義語と言えるでしょう。

「Android(アンドロイド)」の対義語・反意語

Android(アンドロイド)の対義語は、「機械、生命体」です。
意味は、それぞれ人工的に作られた機械と生き物です。

Android(アンドロイド)の語源の意味が「人造人間」でしたので、それに対する対義の単語として上記が挙げられます。

人造人間はすなわち、人工的に作られた生命体と言い換えられるのです。

そのため単に「機械」や、単に「生命体」という単語が対義語となります。