「ビットコイン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ビットコイン」の意味とは

ビットコインとは、インターネット上で取引ができるお金で「仮想通過」や「暗号資産」と呼ばれています。
「サトシ・ナカモト」という人物が発表した論文に基づいて、開発・運用が開始されましたが、現在は最も時価総額が高く取引量の多い暗号資産となりました。
ビットコイン以外の暗号資産を「アルトコイン」と呼んでいます。

「ビットコイン」とお金の違い

ビットコインは、円やドルと異なり、政府や中央銀行に発行や管理をされておらず、発行主体も存在しません。
ビットコインを維持しているのは世界中の有志です。
有志はそれぞれのパソコンなどでこれまでの取引を管理し、その見返りとしてビットコインを報酬として受け取っています。

「ビットコイン」の価格変動

ビットコインの価格変動は、需要と供給のバランスの変化や、ビットコインを含む仮想通貨関連のニュースに影響されます。
市場の参加者の心理が価格に反映されやすいので、ニュースをこまめに確認することが大切と言えるでしょう。

「ビットコイン」の記録の改ざんや通貨の偽造はできない

デジタルの通貨であることから、技術や知識があればデータの改ざんを行い自分の資産を増やすことができそうに感じますが、それはできません。
理由は、「ブロックチェーン(分散型台帳)」と言う技術にあります。
ビットコインについてのデータは「ブロックチェーン」によって世界中のパソコンに分散され保存されているため、個人あるいは一組織がビットコインの仕組み支配するのは不可能であり、改ざんして自分のビットコインを増やすことはほぼできないとされています。

ビットコインを手に入れる方法

ビットコインを入手する一般的な方法は、取引所や販売所での購入です。
暗号資産の取引所に口座を開設し、日本円を入金した後、暗号資産を購入できます。
入手したビットコインは取引所に預けておく、またはウォレットに保管します。
ただし、ビットコインは価格の変動が大きく、日常生活での普及は進んでいないのが現状で、決済完了の速度が通常のキャッシュレス決済に比較し遅いことも、日常決済に利用されない理由の一つのようです。

ビットコインをウォレットで持つ場合は、「アドレス」と「秘密鍵」が必要です。
ビットコインのウォレットには、「アドレス」という口座番号のようなものが付与されており、誰かにビットコインを送金する場合は、相手のウォレットのアドレスに宛てて送金します。
アドレスは、1または3から始まる27~34文字の英数字、もしくは3から始まる27~34文字英数字で構成されています。

また、「秘密鍵」という文字・数字列があり、ビットコインを送金する場合などにパスワードの役目を負います。
秘密鍵が他者に漏れると、簡単にビットコインが盗まれる可能性があります。

ウォレットには、WEBベースのものやスマートフォンやパソコンにインストールして使うもの、専用端末などがあります。
もっとも簡単な管理方法は、取引所に預けておくことです。
対して一番安全な管理方法は、専用端末を使って管理することですが、端末を紛失するとビットコインを取り戻すことは難しくなります。

「ビットコイン」の例文・用例

ビットコイン

ビットコインを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今パソコン開けたら、株価とビットコインの爆上げがすごかった。
ビットコインもっと早く買っておけばよかったよ…。

SNSでの「ビットコイン」の使われ方

「ビットコイン」の類義語

ビットコインの類義語はありませんでした。

「ビットコイン」の対義語・反意語

ビットコインの対義語・反意語はありませんでした。