「ケミカルピーリング」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ケミカルピーリング」の意味とは

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を塗布することで肌の再生を促す美容法です。

「ケミカルピーリング」の語源

ケミカルピーリングの語源は、英語の「Chemical peeling」です。
「chemical」には「化学の、化学的な」「化学薬品」という意味があり、「peeling」には「皮をむく」「剝離」といった意味があります。
化学的な薬品を使って皮膚の一番外側である「角層(角質層)」を剝がすため、このような名称になっています。

「ケミカルピーリング」の方法

ケミカルピーリングでは酸性の強い薬剤を使用するため、皮膚科や美容クリニックといった医療機関で施術を受けることができます。また、自宅で使用できる薬剤もありますが、その場合も医師の指導の元で行われるのが一般的です。通常、医療機関で受ける場合は複数回通って何度か薬剤を塗布することになります。

肌の状態に合わせてグリコール酸やサリチル酸といった薬剤を浸透させることで、肌表面の古い角質層が剝がれ、新しい肌の再生が促されます。
そうすることによって乱れていたターンオーバー(肌が一定のサイクルで生まれ変わる仕組みのこと)が整い、皮膚を健やかな状態に導くことができるのです。

「ケミカルピーリング」で期待できる効果

ケミカルピーリングによって期待できる効果としては、以下のようなものが挙げられます。

ニキビ、ニキビ跡

繰り返すニキビの場合は皮膚表面が炎症を起こしていることがあるので、ケミカルピーリングによって新しい肌を再生させるのが効果的です。また、ニキビの原因となる毛穴に詰まった頑固な皮脂を取り除くことも期待できます。新陳代謝を促すので、ニキビ跡にも効果的です。

シミ、くすみ、色素沈着

浅い部分のシミやくすみ、色素沈着であれば、角質層を取り除くことで目立たなくなっていきます。

毛穴の開き

ターンオーバーが乱れると角質層が厚くなり、毛穴が目立ちます。一度ターンオーバーや角質層の状態をリセットすることで、毛穴の開きも解消します。また、同じ理由から乾燥が起こっている場合は改善しやすいです。

シワ

肌の再生を促すことでコラーゲンが生成されるため、ハリのある肌となり、シワが目立ちにくくなります。

「ケミカルピーリング」の例文・用例

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

ケミカルピーリングを施術した後は肌のバリア機能が落ちてるから日焼けしちゃダメだよ!
●ニキビ跡が気になるから思い切ってケミカルピーリング受けてみようかな。

SNSでの「ケミカルピーリング」の使われ方

「ケミカルピーリング」の類義語

ケミカルピーリングの類義語は、「ピーリング」です。
医療機関で受けるケミカルピーリングだけでなく、自宅で手軽にできるような、マイルドなフルーツ酸(AHA)などが配合された化粧品を使った角質ケアなども含めて「ピーリング」と総称します。

「ケミカルピーリング」の対義語・反意語

ケミカルピーリングの対義語・反意語はありませんでした。