「ストーマリハビリテーション」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ストーマリハビリテーション」の意味とは

ストーマリハビリテーションとは、ストーマを付けた人へのリハビリテーションを意味します。
単に機能回復だけでなく、その人の権利や名誉の回復といった人間らしく生きるためのアプローチも含めたものです。
全人的な回復を目指す
という意味の医学・ケア用語となっています。

「ストーマリハビリテーション」の語源

ストーマリハビリテーションの語源は、英語のostomy rehabilitationです。
「ostomy」とは造孔術で、体内の排泄物を取り除く人工の穴を作る外科的手順のことを指します。
「ストーマ用装具」とは、人工膀胱や人工肛門を造設した場合にお腹の穴「ストーマ」から尿や便を貯める装具です。
そうしたストーマを使うことによって合併症の障害があったりする場合もあり、自立を目指すだけでなく、ストーマ保有者(オストメイト)が人間らしく生きる心身面や社会生活の機能を回復させることを指した言葉です。

日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会もあって、それらを促進する技術や方法が考えられています。

「ストーマリハビリテーション」が注目されている理由

「ストーマリハビリテーションが注目されることになったのは、ストーマの手術前から術後まで長期にわたるケアが必要なことからです。
人間らしく生きるためのケアを長く支援していくことが大切と言われています。
多くの職種の人達がチームで支援していくことが重要視されている状況です。
高齢のストーマ保有者(オストメイト)も増え、回復の遅れや自立に時間を要することが増えています。
2011年にストーマ保有者(オストメイト)の生活実態基本調査を行った際に、「ストーマの管理ができなくなった場合の不安」や「老齢化で寝たきりや半身不随になること」を挙げる人が増加。
病院だけでなく、介護の必要性なども含めて「ストーマリハビリテーション」が必要と注目されています。

「ストーマリハビリテーション」の例文・用例

ストーマリハビリテーション

ストーマリハビリテーションを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●病院では医師も看護師もストーマリハビリテーションを目指してチームワークで取り組んでいます。
●精神的なケアまで見ることがストーマリハビリテーションと言えます。

SNSでの「ストーマリハビリテーション」の使われ方

「ストーマリハビリテーション」の類義語

ストーマリハビリテーションの類義語はありませんでした。

「ストーマリハビリテーション」の対義語・反意語

ストーマリハビリテーションの対義語・反意語もありませんでした。