「予告」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「予告」の意味とは

予告とは、パチンコのリーチや大当たりの前兆となる演出のことです。
スロットにおいては、ボーナスゲーム当選をランプなどで知らせるパターンが多いです。

「予告」の特徴

パチンコでの遊戯中、「デジタル」という数字や絵柄を表示する部分が回転する直前、もしくは回転中に特定のアクションが起こると、リーチや大当たりの前触れである可能性があります。これを「予告」や「予告演出」と呼び、機種によって様々な趣向が凝らされた演出が用意され、楽しめるようになっています。例えばアニメが元になっているパチンコであれば、アニメ本編の名シーンが流れるなど、遊技中に目を引く演出が出現します。

予告が出現するタイミングには複数のパターンがあり、「リーチになるまでの間」「リーチの後」「リーチの前後」と大きく分類されます。
パチンコでは「スタートチャッカー」というゲートに玉が入った瞬間にすでに大当たりかハズレかの抽選を行っているため、リーチ前にもこのような演出を出現させることができるのです。

「予告」の例文・用例

予告

予告を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●お、この予告初めて見た!!信頼度は高いのかな…。
予告あったけど逃しちゃった~!!

SNSでの「予告」の使われ方

「予告」の類義語

予告の類義語は、「激アツ」「激熱」です。
パチンコの演出には「信頼度」というものがあり、その数値が高い演出ほど大当たりに繋がりやすいとされています。
この「激アツ」「激熱」という表現は、信頼度が高いと認識されている予告が出現した状態を指しています。
一般的には、凝った派手な演出の方が信頼度が高いとされていますが、そいではない演出が高確率で大当たりに結びつくといった機種も少なからず存在します。

「予告」の対義語・反意語

予告の対義語・反意語はありませんでした。