「インターセプト」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「インターセプト」の意味とは

インターセプトとは、パスをした時に起こるプレーのひとつで、「相手が投げたパスを途中で奪うプレー」のことです。

インターセプトは、簡単に言えば「パスカット」。ラグビーにおいて、インターセプトが決まると、かなりの確率でトライにつながります。

というのも、(インターセプトされる)攻撃をしているチームは、「全員で攻めていくぞ」と前掛かりになっています。

そのため、インターセプトされるとディフェンスする選手がいないので、悠々と走ることができる状況が生まれるからです。

ちなみに、インターセプト(intercept)は「横取り」「さえぎる」「傍受する」という意味があり、ラグビー以外のサッカーやアメフトなどでも、パスカットと同じ意味で使われています。

「インターセプト」の例文・用例

インターセプト

インターセプトを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

インターセプトからの華麗な独走トライ
●部長に仕事の手柄をインターセプトされる…

SNSでの「インターセプト」の使われ方

「インターセプト」の類義語

インターセプトの類義語はありませんでした。

「インターセプト」の対義語・反意語

インターセプトの対義語・反意語はありませんでした。