「飲みカワ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-04-04

「飲みカワ」の意味

飲みカワとは、お酒を飲んでいる姿、酔っている姿がカワイイ女性のことを指して使う言葉です。

「飲みカワ」の普及背景

飲みカワは、深夜バラエティー番組ゴッドタンの企画『アイドル飲み姿カワイイGP(グランプリ)』がきっかけで普及した言葉です。企画名を縮めて「飲みカワ」が使われるようになりました。

「飲み姿カワイイGP」は、 アイドル3人がディレクターとサシ飲みをして、 誰の飲み姿が一番カワイイかを競う企画です。

参加アイドルは酔うと、ナチュラルなエロさや、彼女のように甘えてくる仕草を見せてきます。中には、はしゃぎすぎてマネージャーからストップをかけられるアイドルもいます。

2019年7月時点で第7弾まで続いている人気企画です。一時期はアイドルと一緒に飲んでいるかのような映像を楽しむ、公式アプリも配信されていました。

「飲みカワ」の特徴

飲みカワとはどんな仕草かを紹介します。

「わぁ。おいし〜」と可愛くつぶやく

お酒を飲んだら、ニッコリ笑って「わぁ。おいし~」と可愛くつぶやきましょう。
首をかしげながら「飲みきっちゃった!楽しい~。今日は飲みたい気分♩」と言いながら2杯目を選びましょう。

「そっち行ってもいい?」と近くに行く

注文するタイミングで、彼の目を見て「そっち行ってもいい?」と言いましょう。意識している女性から言われたら、男性としてはたまらないでしょう。

「ねぇ、赤くなってる?」と頰を抑える

顔が火照ってきたと思ったら「ねぇ、赤くなってる?」と頬を押さえながら言ってみましょう。

酔い潰れるよりも、酔っていることを自覚している方が、好感がもてます。酔っていることが気になりつつ、でも飲んじゃう。くらいが丁度いいですね。

手をひらひらとさせて顔をあおぐ姿も女性特有の仕草でかわいいです。

「とろ~ん」とした無防備な顔

酔って頬がピンクで目がとろ~んとしている姿はかわいいです。

とろ~んとした顔や話し方は無防備で色っぽく見えてついドキッとしてしまいます。特に普段クールな女性がこのような姿になるとギャップがあって良いですね。

ただ、酔って無防備な表情になっている姿は、端から見たら「誘ってる」と思われてしまう可能性もあります。大勢がいる飲み会などではなく、気になる彼とのデートでだけに見せる表情にした方が良いでしょう。

「飲みカワ」の例文・用例

ノミカワ

✓例文・用例

●今日の合コンでは飲みカワの3人が集まった
●彼女が超飲みカワ。ほろ酔いでイチャイチャしてくる

SNSでの「飲みカワ」の使われ方

「飲みカワ」の類義語

飲みカワの類義語は、「おにかわ」、「ぐうかわ」、「エロかわ」です。

「おにかわ」とは、とてもかわいいという意味です。鬼かわいいの略です。
「ぐうかわ」とは、ぐうの音も出ないほどかわいいです。
「エロかわ」とは、かわいいかつ、どことなくエロさがある女性のことです。

飲みカワ」の対義語・反対語

飲みカワの対義語は「酒乱」です。

酒乱とは、酒に酔ってあばれること、あるいは酒に酔うとあばれる癖を意味します。