「ダイレクトメッセージ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ダイレクトメッセージ」の意味とは

ダイレクトメッセージとは、ツイッターで、電子メールのように、特定の相手に対して送ることができる非公開のメッセージのことです。

DMと省略して呼ばれることもあります。

 

タイムライン上で交流をしていると、プライバシーに関わることや広く知られたくないような会話をしたいときがありますが、そのようなときに便利な機能です。

個人的な話ができるという利点があり、企業の公式ツイッターであれば、お問い合わせの機能として使うこともできます。

「ダイレクトメッセージ」の語源

直接送ることができるメッセージということで、ダイレクトメッセージと呼ばれます。

「ダイレクトメッセージ」を使うには

ダイレクトメッセージを送るには、その人が自分をフォローしている必要があります。

自分のフォロワーであれば、その人にダイレクトメッセージを送れるということです。

逆に、ダイレクトメッセージを受け取るには、自分がその人をフォローしている必要があります。

自分がその人のフォロワーであれば、その人からダイレクトメッセージを受け取れるということです。

つまり、お互いにフォローをしあっている仲であれば、ダイレクトメッセージのやり取りできるということです。

ただし、フォローに関係なく誰のダイレクトメッセージであっても受け取ることができるという設定もあります。

自分が、「全ての人からのダイレクトメッセージを受信可能にする」という設定にしておくと、フォローされているかどうかに関わらず受信することが可能になります。

また、一度でもダイレクトメッセージを送った人、または、受け取った人とは、フォローされているかどうかに関わらず送受信できるようになります。

さらに、ダイレクトメッセージのやりとりをしたくない人とは、メッセージをブロックすることも可能です。

なお、インスタグラムでも、同じくダイレクトメッセージという機能があります。

インスタグラムでは、テキストのほか、画像や動画、ストーリー投稿、ライブ動画などをやりとりすることもできます。

「ダイレクトメッセージ」の例文・用例

ダイレクトメッセージ

ダイレクトメッセージを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ここからは直接やり取りをしたいので、ダイレクトメッセージをお送りします。
●不適切なメッセージや頻繁に送られてくるなどの理由で、特定のユーザーからのダイレクトメッセージを拒否する。

SNSでの「ダイレクトメッセージ」の使われ方

「ダイレクトメッセージ」の類義語

ダイレクトメッセージの類義語はありませんでした。

「ダイレクトメッセージ」の対義語・反意語

ダイレクトメッセージの対義語・反意語はありませんでした。