「ハニートラップ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ハニートラップ」の意味とは

ハニートラップとは、主に女性が男性に色仕掛けで誘惑し、罠に陥れることです。

また男性が女性に対して、自分に好意を抱かせるように仕向けて騙すことも同じく「ハニートラップ」と呼びます。

「ハニートラップ」の由来

ハニートラップは英語の「honey-trap」から来ていて、同じ意味のままカタカナ語として使われるようになりました。
イギリスの小説家ジョン・ル・カレが自身のスパイ小説の中で使った造語が元になっており、女性スパイが対象の男性を色仕掛けし、機密情報を入手するといった諜報活動にこの語が当てられました。

また男性スパイが対象の女性を誘惑し罠にはめるパターンもあるため、男女問わず「色仕掛けによって油断させ、情報を入手したり金銭を奪う」行為全般を「ハニートラップ」と呼びます。「ハニトラ」と略されることも多いです。

ハニートラッパーを仕掛ける人のことを「ハニートラッパー」と称します。

「ハニートラップ」を使った活動

騙す活動について、ハニートラップは使われています。

スパイ

元々はスパイの諜報活動を指す言葉です。色仕掛けにより大物政治家や経済界の重要人物といった相手に接触・誘惑し、機密情報を入手するという方法です。

詐欺

詐欺師にもハニートラッパーは存在します。

「結婚詐欺」などはその代表で、男性から女性へ仕掛けられることも多いです。相手に好意を抱かせ結婚の約束をし、婚約してるのだからと金銭をだましとり逃亡するという手口です。

また近年では出会い系アプリやSNSを通じて仲を深めていき、高額な商品をだまし取ったり実際に会って商品を購入させたりといった詐欺も存在します。

その他にも、浮気が怪しまれるパートナーにわざと女性を近づかせ、その行動を調査するといった行為も「ハニートラップ」と呼ぶことができます。

「ハニートラップ」の例文・用例

ハニートラップ

ハニートラップを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●まさか自分がハニートラップを仕掛けられるとは思わなかった・・・。
●今日、街で2人連続で女性に声かけられたんだけどハニートラップかと思って警戒しちゃったよ。

SNSでの「ハニートラップ」の使われ方

「ハニートラップ」の類義語

ハニートラップの類義語は、「セクシャル・エントラップメント」「美人局」です。
「セクシャル・エントラップメント」は「性的な囮」という意味で、ハニートラップと同じ意味で使われます。

「美人局」はハニートラップの一種といえますが、「男女が共謀して行う恐喝・詐欺行為」に限定されます。

「ハニートラップ」の対義語・反意語

ハニートラップの対義語・反意語はありませんでした。