「PPC広告」とは?意味と例文が3秒でわかる!

2020-05-27

「PPC広告」の意味とは

PPC広告とは、クリック数に応じて課金される広告のことです。

「PPC広告」の語源

PPCの語源は、英語「Pay Per Click」の略称です。

日本語に訳すと、「クリックされる度に支払いを行う」となりますね。

広告費が発生する仕組みを表した略語と、広告という単語を組み合わせた用語になります。

「PPC広告」の特徴

広告にアクセス(クリック)が発生したという成果に対して広告費が発生するので、無駄な支払いが生じるリスクが低いです。

広告をクリックする人は、表示された内容に対して興味を持っている可能性が高いです。

検索結果ページに表示を行うPPC広告では、1クリック当たりの金額を自分で設定し入札することになります。

広告予算に応じた広告配信が可能になる一方、検索数や競合の多いキーワードの場合、入札価格が吊り上がる可能性も高くなります。

代表的な「PPC広告」

代表的なPPC広告として、以下の例が挙げられます

リスティング広告

  • Google Adwords
  • Yahoo!スポンサードサーチ

●ディスプレイ広告

  • Googleディスプレイネットワーク
  • Yahoo!ディスプレイネットワーク
  • Criteo

●SNS系の広告

  • Facebook広告
  • Twitter広告

「PPC広告」の例文・用例

PPC広告

PPC広告を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

PPC広告で効率的な集客を目指している。
PPC広告 の効果を測る重要な指標として、CPC(Cost Per Click)がある。

SNSでの「PPC広告」の使われ方

「PPC広告」の類義語

PPC広告の類義語には、「クリック報酬型広告」「クリック課金広告」等があります。

PPCの意味を日本語訳した用語となっています。

「PPC広告」の対義語・反意語

PPC広告の対義語として、「インプレッション課金型広告」「期間保証型広告」が挙げられます。

「インプレッション課金型広告」では、広告が表示された回数に応じて広告費が発生します。

「期間保証型広告」では、課金すると一定期間の広告掲載が保証されます。

PPC広告では、クリック数に応じて広告費が発生します。広告費の基準となる指標が異なる広告が対義語・反意語として挙げられます。