「スマート」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「スマート」の意味とは

スマートとは、賢い、細いという意味です。
「スマート」の意味は、「賢いなど頭がいいこと」や「細いなど体型がスリムなこと」があります。
一昔前であればスマートといえば、身体などがほそいスリムなことを指す単語でした。
しかし現在ではそのスリムの意味も残したまま、賢いなどといった意味でも広く使われています。

後述をしますが、語源となる英単語の持つ複数の意味がそのままカタカナ語にも浸透してきたというかたちです。
元の英単語が複数の意味を持ち、そのためカタカナ語としても上記のように複数の意味があります。
また上記の意味以外では、「スタイリッシュ」や「情報化された」という意味も持っているのです。

一昔前のスマートといえばスリムを意味していた頃とは大きく変化しており、現在ではこのように幅広い意味を持つカタカナ語となっています。
前後の文脈や、使われるシーンからその意味を判断する必要がある単語と言えるでしょう。

「スマート」の語源

スマートの語源は、英単語のsmartです。
「smart」の意味は、現在使われているカタカナ語のスマートとほとんど同じとなります。
「賢い、頭がいい」や「細い、スリム」や「スタイリッシュ」や「コンピューター化された、情報化された」などです。
日本語に訳すことが難しい単語ほど、このように日本語訳の意味の幅が広がる傾向にあります。
「smart」もその部類の単語で、結果的にカタカナ語として「スマート」が広く使われているのでしょう。

語源となる英単語と意味は変わりませんので、その点においては誤用の心配はないと思われます。
しかしカタカナ語であれ英語であれ、双方ともに複数の意味を持つ単語です。
どちらの仕様であっても、前後の文脈から判断しないと誤用に繋がりますので注意が必要となります。

「スマートフォン」の登場でスリム以外の意味が大きく浸透

スマートが使われている単語では、スマートフォンが代表的です。
このスマートフォンの登場と普及によって、カタカナ語のスマートの複数の意味がより浸透していきました。
「スマートフォン」の意味が、「スリムな電話」ではないことが認知されていったのです。

スマートフォンの「スマート」は、「賢い」を表していて「多機能な電話」ということとなります。
こうしたスマートが付く製品の大きな普及とともに、カタカナ語の複数の意味が広く知られることとなったのです。

さらにスマートは、雑誌や車のネーミングなどにも利用されています。
これはスマートの持つ意味のうち、「スタイリッシュ」を意味していることがほとんどです。
このようにスマートという単語は、製品などの普及とともに複数の意味を浸透させていった単語と言えます。

「スマート」の例文・用例

スマート

スマートを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●彼はとてもスマート にいつも問題の解決をしてくれる。
●彼女はとてもスマート な美しい体型をしている。

SNSでの「スマート」の使われ方

「スマート」の類義語

スマートの類義語は、「クレバー、お洒落」です。

スマートの意味のうち「賢い」に対する類義語は、「クレバー」となります。
こちらの意味は、「賢いや頭が良い」となっておりスマートの持つ意味とほとんど同じです。
またクレバーもカタカナ語として、広く浸透した単語となっています。

一方の「お洒落」は、スマートの意味のうち「スタイリッシュ」の類義語です。
体型がスリムなどの意味も広域で見れば、スタイリッシュにら含まれてきますのでこちらが類義語と言えるでしょう。

スマート自体に複数の意味があるため、類義語も複数の単語が挙がります。
代表的な意味に対しての類義語はこれら2つです。

「スマート」の対義語・反意語

スマートの対義語は、「不格好や無駄がある」です。
意味は、格好が悪い様子や不要なものがある様子です。

スマートはニュアンス的に、「無駄が無い様子」や「頭などが切れる様子」を表しています。
そうしたニュアンスを伴って、複数の意味としてそれぞれ使われるのです。

そのため対義語に関しては、そうしたニュアンスの反対に位置する単語が挙げられます。
そのため「不格好や無駄がある」という言葉が、スマートの対義語となるのです。