「ムービーゲー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ムービーゲー」の意味とは

ムービーゲーとは、コンピューターゲーム内で、プレイする場面と比較してムービーの割合が多いゲームという意味です。

「ムービーゲー」のポイント

「ムービーゲー」は「ムービーゲーム」の略称ですが、正式なゲームジャンルの名称ではありません。本来であればプレイヤーが操作して楽しめる「プレイ」の要素を多く取り込むはずのRPGやアクションゲームなどにおいて、そうではない動画やカットシーン(イベント発生時の会話シーンなど)の割合が多いゲームを指して、批判的に用いられる言葉です。

そのため、LDゲームやノベルゲームなど、ジャンルとして元々プレイ要素よりも動画や静止画などの割合が多いものは特に「ムービーゲー」とは呼ばれません。また、割合というのも個人の体感によることが多く、どのくらいを動画やカットシーンが占めればムービーゲーに当たるかという定義があるわけではないです。

「ムービーゲー」はなぜ批判されるか

従来の家庭用ゲーム機では、プレイ画面からムービー等に移行する際に読み込み時間が発生し、待たされることで現実に戻されたりテンポが悪くなるということが批判を集めるポイントとして挙げられていました。現在では技術の進歩により、プレイ画面からムービー、カットシーンへの読み込みがスピードアップし、シームレスに移行することで世界観を損なわずに楽しむことができます。それでもやはりゲームをプレイすることを目的とした人からすれば、余りにもムービーの割合が多いゲームは「ムービーゲー」と揶揄されてしまうのが現状です。

「ムービーゲー」の例文・用例

ムービーゲー

ムービーゲーを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あれ、またロードしてる…。まさかこれってムービーゲーでは…。
ムービーゲーって言われてたけどそうでもないような?

SNSでの「ムービーゲー」の使われ方

「ムービーゲー」の類義語

ムービーゲーの類義語は、「クソゲー」です。
「クソゲーム」の略で、くだらない、つまらないゲームや攻略がほぼ不可能なゲームを揶揄する俗称です。「ムービーゲー」もクソゲーの一種であるとされることが多いです。

「ムービーゲー」の対義語・反意語

ムービーゲーの対義語・反意語はありませんでした。