「セカンドパーティ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「セカンドパーティ」の意味とは

セカンドパーティとは、ゲーム機本体を発売する企業(ファーストパーティ)から発売されるソフトを専属で開発する企業のことです。単にゲーム製品の利用者という意味で使われる場合もあります。

「セカンドパーティ」の語源

セカンドパーティは元々任天堂が提唱した言葉で、サードパーティに対する造語です。なお、サードパーティとは、他社が発売しているゲーム機に対してゲームソフトを供給している企業のことです。ちなみに、ファーストパーティもサードパーティから生まれた造語です。

「セカンドパーティ」の代表例

任天堂系のセカンドパーティには次のような企業があります。
・HAL研究所
・インテリジェントシステムズ
・モノリスソフト
・レトロスタジオ
・ゲームフリーク
・SRD
・キャメロット
・1-UPスタジオ
・ソラ
・グレッゾ

ソニー系には次のような企業があります。
・SIEワールドワイド・スタジオ
・アクワイア
・アルファ・システム
・クラップハンズ
・シフト

マイクロソフト系には次のような企業があります。
・Epic Games
・レア
・Ninja Theory

「セカンドパーティ」の例文・用例

セカンドパーティ

セカンドパーティを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

セカンドパーティという分類は日本のゲーム業界独自のものだ。
セカンドパーティが最も多いのは任天堂系だ。

SNSでの「セカンドパーティ」の使われ方

「セカンドパーティ」の類義語

セカンドパーティの類義語は、「セカンド」です。今は、セカンドパーティと同じです。

「セカンドパーティ」の対義語・反意語

セカンドパーティの対義語・反意語は「サードパーティ」です。「サードパーティ」は他社が発売しているゲーム機に対してゲームソフトを供給している企業のことです。