「STG」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「STG」の意味とは

STGとは、シューティングゲームという意味です。

「STG」の語源

STGは、英語の「shooting game」の略記になります。
shootingとはこの場合、「射撃、発射」を意味します。

「STG」の特徴

STGはコンピューターゲームのジャンルのひとつに分類されます。
「敵を撃つ(=shoot)」ことをメインにしているのが特徴で、操作する対象は戦闘機、宇宙船、人間などが挙げられます。レーザー光線、ミサイル、銃などを用いて敵を攻撃したり、敵からの攻撃をかわしながら進んでいく必要があります。

「STG」の分類

STGは歴史が長いこともあり、その定義やサブジャンル、分類方法は多岐に渡ります。
大別すると「2Dシューティング」と「3Dシューティング」に分類することができるので、それぞれ解説します。

2Dシューティング

俯瞰視点で操作をするゲームのことです。「STG」はこの2Dシューティングを指すことが多いです。
画面のスクロールがない「固定画面シューティング」縦方向に動いていく「縦スクロールシューティング」右から左に動いていく「横スクロールシューティング」といったものをはじめ、様々な形式の2Dシューティングが存在します。

3Dシューティング

一人称視点や三人称視点で、3次元の空間を自由に操作できるのが特徴です。
飛行機を操作する「フライトシューティング」宇宙船に乗って宇宙空間を移動する「スペースコンバットシューティング」や、銃などの武器を持った主人公の視点で進むタイプの「ガンシューティング」といったジャンルが代表的です。

「STG」の人気タイトル

STGの元祖と言われるのは、アーケードゲームで爆発的に流行った「スペースインベーダー」です。
それ以降、2Dシューティングでは「ツインビー」「ゼビウス」「グラディウス」などが、3Dシューティングでは「エースコンバット」「スターフォックス」「バトルフィールド」などのタイトルが人気を集めました。

「STG」の例文・用例

STGを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●オススメのSTGのアプリ何か知らない?
●このSTGかなり難易度が高いな…。

SNSでの「STG」の使われ方

「STG」の類義語

STGの類義語は、「SHT」です。
「shooting game」の「shooting」の方を縮めた表現方法で、STGと同義で使われます。

「STG」の対義語・反意語

STGの対義語・反意語はありませんでした。