「宝箱」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「宝箱」の意味とは

宝箱とは、主にRPGにおいて、何かしらのアイテムが入っている箱のことです。

「宝箱」の特徴

宝箱が出てくる主なゲームジャンルは、「ドラゴンクエストシリーズ」や「ファイナルファンタジーシリーズ」などに代表されるRPG(ロールプレイングゲーム)です。

登場の仕方には①フィールドに設置されている②倒したモンスターが落とすの2パターンが一般的で、フィールドに設置されている場合は赤、青や木目調の面に黄金などの枠および装飾、鍵穴など、デフォルメされたアイコンとしてわかりやすく設置されていることが多いです。

フィールドにある宝箱は、見つけ次第すぐに開けられるものもあれば、序盤では開けられないような檻などの中にあり、後半で再度訪れて中身を拾得できるものまで様々です。
また、宝箱の前にいる敵キャラを倒さないと開けられないものもあります。

中を開けると、多くの場合は入手が困難な装備品や特別なアイテム、高額なお金などが入っています。
反対に苦労して宝箱に到達したものの、どこの町のお店でも売っているようなアイテムや少額のお金しか入っていなかったり、中身が空っぽの場合もあります。

「宝箱」の注意点

宝箱における注意点をいくつかご紹介します。

宝箱は必ずしも安全に開けられるとは限らず、それが罠であることもあります。

例えば「ドラゴンクエストシリーズ」には「ひとくいばこ」や「ミミック」といった宝箱に擬態するモンスターが存在し、開けると即座に戦闘が始まってしまいます。

一度逃すととれなくなる

宝箱の位置を認識しつつも、取り忘れやダンジョン内での体力の低下などによって中身の拾得を後回しにすることもあります。この場合、余裕のある時に後から戻って拾得できるものも多いですが、中には物語の進行によってその場所に戻れなくなる場合もあります。

鍵が必要

中には鍵のかかった宝箱も存在します。その場合、特定の鍵を入手してから開ける必要があります。

「宝箱」の例文・用例

宝箱

宝箱を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●うわ~~あの宝箱あとでとろうと思ってたのにもうダンジョンがない~!!!
宝箱開けたらレアアイテム入ってた!!

SNSでの「宝箱」の使われ方

「宝箱」の類義語

宝箱の類義語は、「壺」「タンス」などです。
町や洞窟などにあるこれらの中を調べてみると、アイテムや硬貨などが入っていることがあります。

「宝箱」の対義語・反意語

宝箱の対義語・反意語はありませんでした。