「川越女子」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「川越女子」の意味とは

川越女子とは、埼玉県川越市六軒町の「埼玉県立川越女子高等学校」という意味です。
国内でもトップレベルの学力を誇る名門女子校ですが、文武両道を目指すため、体育会系・文科系とのに部活動も充実していることで有名となっています。

勉強、部活動、行事など、思いのままに熱中できる環境であり、個性を生かし学力もつけられる魅力的な女子高として人気を集めています。
また、フラッグなどを使って音楽に合わせて演技を競う「カラーガード部」が県内で唯一存在する学校としても知られています。
毎年9月に開催される「紫苑祭」と呼ばれる文化祭は、来校者1万人を超える人気ぶりです。
なお、2006年からは、先進的な理数教育を実施する「スーパーサイエンスハイスクール」に指定されています。
通称は「川女」です。

「川越女子」を卒業した有名人

川越女子の卒業生には、アナウンサーの小宮悦子さんや田丸美寿々さん、政治家の石井道子さん、写真家の長島有里枝さん、マラソン選手の吉田香織さんなどの有名人がいます。

「川越女子」の例文・用例

川越女子

川越女子を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●歩いていたら、川越女子高校の音楽部定期演奏会のポスターが貼ってありました。
●話題になっている川越女子の文化祭に行ってみたいんだ。

SNSでの「川越女子」の使われ方

「川越女子」の類義語

川越女子の類義語はありませんでした。

「川越女子」の対義語・反意語

川越女子の対義語・反意語はありませんでした。