「フルーツ大福」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「フルーツ大福」の意味とは

フルーツ大福とは、大福の中に、いちごなどのフレッシュなフルーツを包み込んだ大福という意味です。

以前は大福と言うと小豆餡がくるまれているイメージでした。
しかし最近ではいちごをはじめとし、パイナップルやブドウ、みかん、キウイなどの色とりどりの果物を包み込んだものも多く、和菓子屋のショーケースを彩るようになっています。

中でも「弁財天」のフルーツ大福は、大福を糸で半分に切ると現れるフレッシュなフルーツがSNS映えすることから、一躍人気となりました。

「フルーツ大福」が売られるようになった時期

今やフルーツ大福は多くの和菓子屋さんの人気商品となっていますが、フルーツ大福が販売されるようになったのは、昭和後期の1980年代と言われています。
最初にフルーツ大福を販売した店舗がどこであるかは諸説あり、わかっていません。

「フルーツ大福」の特徴

フルーツ大福には、これまでフルーツと餡が包まれていることがほとんどでしたが、最近では生クリームやクリームチーズが包まれているものなども多く販売されるようになりました。
まるで洋菓子のような仕上がりになっているため、和菓子な人でも楽しめます。
甘さ控えめに作られている商品も多く、甘すぎるものは苦手と言う方でも楽しめる商品も少なくありません。

「フルーツ大福」の作り方

フルーツ大福は家庭でも簡単に作れる和スイーツです。
耐熱の容器に上新粉、白玉粉、分量の3分の2くらいの水を入れてよく練ります。
砂糖を加え、ラップを被せ500Wのレンジで4分ほど加熱し、全体が透明になっていたら取り出しましょう。
取り出した記事を、片栗粉を敷いたまな板に広げ10等分ほどに切り、餡で覆ったいちごをのせて包めば完成です。

「フルーツ大福」の例文・用例

フルーツ大福

フルーツ大福を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●母の日は養老軒のフルーツ大福をプレゼントしたんだ。
フルーツ大福って、中身生クリームだとケーキみたいだよ。

SNSでの「フルーツ大福」の使われ方

「フルーツ大福」の類義語

フルーツ大福の類義語はありませんでした。

「フルーツ大福」の対義語・反意語

フルーツ大福の対義語・反意語はありませんでした。