「空芯菜」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「空芯菜」の意味とは

空芯菜とは、中華料理や東南アジア料理などによく使われるヒルガオ科の中国野菜です。茎や葉を炒め物として食べることが多く、夏場の栄養価の高い青物野菜の一つです。

「空芯菜」の語源

川や湿地で栽培され、水を吸いやすくするために茎の中がストローのように空洞になっていることから「空芯菜」と呼ばれます。

「空芯菜」の特徴

正式な名前は「ヨウサイ」といい、学名は「ipomoea aquatica」のヒルガオ科サツマイモ属の植物です。

ほうれん草と比較されることが多いですが、ほうれん草がえぐ味のもととなるシュウ酸を含んでおり、ゆでる際にはアク抜きが必要であるのに対して、空芯菜はシュウ酸を含まず、ほうれん草より食べやすい野菜とされています。

空芯菜は、味にくせがないため、炒め物のほかに、塩ゆでしたり、お汁の具にしたり、おひたしにしたりなど、さまざまな料理に向いています。

「空芯菜」の英語表現

英語では、「water spinach」と表現します。「spinach」は「ほうれん草」を意味しています。空芯菜がほうれん草と似ていることもあり、水辺に生育し、水面に茎を浮かせて進出する習性があるため、「water spinach」と呼ばれています。

「空芯菜の炒め物」の作り方

定番の空芯菜の炒め物の作り方を紹介します。

材料

空芯菜、にんにく、その他の具材、
中華だしややしょうゆなどの調味料

作り方

フライパンに油を引き、空芯菜を入れて強火で炒めます。
しんなりしてきたら調味料を入れ、火が通ったら完成です。
シャキシャキ感を残すために、炒めすぎないことがポイントです。

ベーコンや豚肉などの肉類とも相性がよく、他の野菜と一緒に炒めることも可能です。

「空芯菜」の育て方

空芯菜は家庭菜園などで手軽に育てることができます。日本における空芯菜の旬の時期は7月から8月です。

種をまくのは4月中旬から6月下旬ころ、苗の植え付けは5月中旬以降の暖かくなった時期です。伸びてくる脇芽が15~20センチになったら収穫します。茎の先端は30センチ程度に伸びたら、摘み取りましょう。

丈夫で病気になりにくいため、栽培には手間がかかりません。
追肥をすることで初夏から秋までの長い期間にわたって収穫できます。

「空芯菜」の例文・用例

空芯菜

空芯菜を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

空芯菜の炒め物を作る。
●家庭菜園で空芯菜を栽培する。

SNSでの「空芯菜」の使われ方

「空芯菜」の類義語

空芯菜の類義語はありませんでした。

「空芯菜」の対義語・反意語

空芯菜の対義語・反意語はありませんでした。