「水治療法」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「水治療法」の意味とは

水治療法とは、水を使った物理療法のひとつです。

水を蒸気や氷などに形態の変化させたり、温水や冷水といったように温度を変化させることにより患部を刺激するといった療法になります。
リハビリテーションを目的として運動機能の回復を行います。ひざ痛や腰痛、打撲に捻挫などといった場合の痛みの軽減や精神疾患患者へ鎮静効果が期待されます。

お湯の温熱効果を利用した鎮静効果や水の特徴でもある浮力や抵抗力を活かした運動をすることで効果が得られます。
予防や治療といった目的で利用がされ、神経痛や精神障害といった場合の治療に有効とされています。

水は無害といったこともあり、内用にも外用にも用いることができるというところも利点として挙げられます。

「水治療法」の語源

水治療法の語源は、チェコのイェセニークにあるモラヴィア温泉からきています。世界最初の水治療法施設として知られます。

チェコの農民であったヴィンチェンツ・プリースニツ(1799年10月4日~1851年11月28日)が水治療法の創始者とされています。
ノロジカが傷を癒すために水に浸かっている様子より、ヒントを得ました。自身も材木を伐採している際に指に傷を負ったときや肋骨を骨折した際に水で冷やすといった水治療法を行いました。

当時、水治療法は地域の医師には受け入れてもらえませんでした。1838年の療養所の認可を受け、王室の人々を含む患者を受け入れました。その際の功績がたたえられ、1846年には勲章も受勲しました。

「水治療法」の種類

水治療法の種類についても挙げていきます。主に温水を用いた「温熱療法」や冷水を用いた「寒冷療法」のほか、温水と冷水を交互に行う「交代浴」などといったものがあります。

水の特性を活かした水中訓練のほか、リハビリステーションで寝たきりとなっている患者が体重により圧迫された箇所の血流が悪くなるといった症状の「床づれ」を防止する「ハバードタンク」といった場面でも活用される療法です。

「水治療法」の例文・用例

水治療法

水治療法を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●痛みや炎症を抑えるのには水治療法がおすすめです。
水治療法は、温度や刺激を利用した医療法の一つです。

SNSでの「水治療法」の使われ方

「水治療法」の類義語

水治療法の類義語はありませんでした。

「水治療法」の対義語・反意語

水治療法の対義語・反義語はありませんでした。