「S状結腸人工肛門造設術」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「S状結腸人工肛門造設術」の意味とは

S状結腸人工肛門造設術とは、S状結腸に人工肛門を造る手術のことです。
直腸癌の手術の際に、S状結腸を用い左中腹部に造られることが多い永久人口肛門ですが、術後に患者自身での人工肛門の管理がしやすいようにするため、場所や形が工夫されています。

「S状結腸人工肛門造設術」を保有する場合

S状結腸人工肛門を含む永久人工肛門を保有される人は「身体障害者手帳」の申請が可能です。
住民票のある市区町村の福祉事務所で「身体障害者診断書・意見書」を受け取り、医療機関で診断書の作成を依頼します。

「S状結腸人工肛門造設術」の術後のケア

S状結腸人工肛門造設術によって増設したストーマケアは、主に人工肛門部に袋(パウチ)を貼って便を集める「自然排便法」が一般的です。
パウチの粘着力のある「面板」という、真ん中に丸い穴が開いている部分を人工肛門に合わせ、人工肛門の周りの皮膚に接着させ取り付けます。
このように自然排便法はストーマケアの基本的な方法で、誰にも無理なく行える方法ではありますが、排便のタイミングを調整することはできません。
また、人工肛門からぬるま湯を入れ腸を刺激し、浣腸のような作用を起こして強制的に排便させる「洗腸排便法」という方法もあります。
1~2日に1度の洗腸を行うとしばらくは便が出なくなります。
排便のタイミングを自ら調節でき便利ではありますが、人工肛門を持つすべての患者に適しているわけではなく、洗腸には1時間程度の時間を要することや、方法が不適切だと腸穿孔の危険もあるため、医療機関で十分に指導を受けなければなりません。

「S状結腸人工肛門造設術」の例文・用例

S状結腸人口肛門造設術

S状結腸人工肛門造設術を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●毎朝学校で、S状結腸人工肛門造設術をしていた。
S状結腸人工肛門造設術がないと生きている実感がなくなってしまいます。

SNSでの「S状結腸人工肛門造設術」の使われ方

「S状結腸人工肛門造設術」の類義語

S状結腸人工肛門造設術の類義語はありませんでした。

「S状結腸人工肛門造設術」の対義語・反意語

S状結腸人工肛門造設術の対義語・反意語はありませんでした。