「アクティブビュー」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「アクティブビュー」の意味とは

アクティブビューとは、WEBサイトで表示されている広告のうち、実際にユーザーが閲覧できる状態にあった広告のことです。

WEBサイトの運営を通して収益を得ようとする際に重要な指標の一つです。

「アクティブビュー」の特徴

「アクティブビュー」は、広告収益のうち、広告が表示される度に得られる「インプレッション収益」を上げるために重要な指標です。

WEB上の広告は、ユーザーにクリックしてもらうことで報酬を得る「クリック報酬」と、広告が表示される度に得られる「インプレッション収益」の報酬の2つがあります。

WEBサイトの管理運営者は、自分の運営するサイトでより多くの広告がユーザーにクリックしてもらったり、広告を見てもらうことで収益を得る仕組みになっています。

サイトに広告を貼っても、その広告がクリックされることは多くないため、「クリック報酬」を得るのは簡単ではありません。

それよりも、サイトへのアクセス数を増やして、広告が表示されることで発生する「インプレッション収益」を得ることの方が簡単です。その収益率を測る指標のひとつが「アクティブビュー」になります。

「アクティブビュー」の注意事項

WEB上の広告がユーザーに見られるされるかどうかは、掲載面と入札単価、広告のタイプやバナーサイズなど、広告掲載の目的や各アカウントの環境など様々な要素が関わっています。

一般的に、ページの上部に配置されている広告は、記事の下に配置される広告よりもアクティブビュー視認可能率は高くなります。また、縦長の広告も視認率が高いです。一方、モバイルの広告は、ユーザーが素早くスクロールしたりすることも多く、サイトからの離脱も早いため、視認率が低くなります。

Googleの調査によると、アクティブビューの平均視認可能率は50.2%程度とされています。

視認率が高くなりやすい位置はファーストビューであり、広告サイズは150×240pxの縦長の広告ユニットであることが明らかになっています。

「アクティブビュー」の例文・用例

アクティブビュー

アクティブビューを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

アクティブビューを高めて、サイト運営に生かしたい。
アクティブビューが低いから、なかなか収益が上がらないのかも。

SNSでの「アクティブビュー」の使われ方

「アクティブビュー」の類義語

アクティブビューの類義語はありませんでした。

「アクティブビュー」の対義語・反意語

アクティブビューの対義語・反意語はありませんでした。