「アホノミクス」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「アホノミクス」の意味とは

アホノミクスとは、安倍晋三元内閣総理大臣が掲げた経済政策「アベノミクス」を激しく批判する言葉です。

経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんが提唱し、2013年のユーキャン新語・流行語大賞の候補語50語に選ばれました。

「アホノミクス」の語源

アホノミクスは「アベノミクス」と、愚かであることを表す「アホ」が組み合わさった言葉です。その名の通り、アベノミクスのことを「愚かで間違った経済政策で、必ず失敗するであろう」と揶揄するときに使われます。

第2次安倍内閣が発足した2012年末からアベノミクスが始まりましたが、浜教授は2013年5月の時点で、すでにアホノミクスという言葉を使っていました。2020年9月に安倍元総理が辞任するまで、一貫してアホノミクス呼びは続き、その後菅義偉内閣に代わってからは「スカノミクス」という言葉も生み出しています。

アベノミクスを「アホノミクス」と呼んだ理由は?

アベノミクスは、

  1. 世の中に出回るお金の量を増やして円安を進め、輸出をしやすくする
  2. 公共事業を増やして建設会社などに儲けてもらう
  3. 法人税を下げて民間企業にお金を使ってもらう

といった政策で、経済を上向きにすることを目指します。

これらの政策を、浜教授はそれぞれ、

  1. 円安で見せかけの株価上昇が起こっても意味がないし、円安を進めると資源の輸入にお金がかかるので、その分労働者の賃金が下がってしまいかねない
  2. 公共事業を増やしても日本経済全体の復活には繋がらない
  3. 民間企業にお金を使ってもらうことばかりで、個々の生活者に目を向けられていない

などの理由を挙げて否定しています。

また、浜教授は『さらばアホノミクス:危機の真相』(2015年、毎日新聞出版)や『アホノミクス 完全崩壊に備えよ』(2016年、角川新書)など、タイトルにアホノミクスがついた本を多数出版しており、その中でもアベノミクスを痛烈に批判しています。

「アホノミクス」の例文・用例

アホノミクス

アホノミクスを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

アホノミクスのせいで日本経済が破綻するのではないか。
●こんな間違った政策、アベノミクスじゃなくてアホノミクスと言ったほうがいいだろう。

SNSでの「アホノミクス」の使われ方

「アホノミクス」の類義語

アホノミクスの類義語は「どアホノミクス」「妖怪アベノミクス」です。
どちらも浜矩子教授が呼び始めた言葉で、意味はアホノミクスと同じ。アベノミクスを激しく批判する言葉です。

「アホノミクス」の対義語・反意語

アホノミクスの対義語・反義語はありませんでした。