「アンダーポーション」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「アンダーポーション」の意味とは

アンダーポーションとは、提供する料理の標準の分量(ポーション)より盛り付けを少なくするという意味です。

「アンダーポーション」の語源

「ポーション」とは「一皿に載せる料理の標準の量」を言い、店の利益を出すためにも重要なものです。
盛り過ぎの場合を「オーバーポーション」、少ない時は「アンダーポーション」と言います。
料理の見た目によって、お店に対しお客様が不信感を抱かないよう、ポーションは明確にしておくと良いでしょう。

店の管理の面では、実際の原価と理論の原価の差が大きくなり、ロスの発生や食材費が上がるなどの影響が考えられます。
続けば、収益を圧迫する原因にも発展するでしょう。

「アンダーポーション」を避ける方法

このようなアンダーポーションを避けるためには、レシピを常に最新版に更新してあり、分量等を従業員が守っていることが重要です。
しかし調理中にレシピを確認するのは難しいことなので、従業員にはレシピを暗記してもらう、もしくは見えるところに貼っておくなどの工夫をすると良いでしょう。
また、計量は習慣化する必要があるため、各所にはかりを置いておくことも有効です。
あらかじめ軽量しておけるものは、小分けにしておくと軽量の手間を省けます。

「アンダーポーション」の例文・用例

アンダーポーション

アンダーポーションを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●これって完璧アンダーポーションだよね、見本と比べると。
●盛り付けがアンダーポーションにならないように、標準の量を覚えてください。

SNSでの「アンダーポーション」の使われ方

「アンダーポーション」の類義語

アンダーポーションの類義語はありませんでした。

「アンダーポーション」の対義語・反意語

アンダーポーションの対義語は、「オーバーポーション」です。
意味は、「標準の量より多く盛り付けること」です。