「ブイヨン」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ブイヨン」の意味とは

ブイヨンとは、フランスでスープのベースに使われる、肉と香味野菜から取るスープのことです。
英語圏では「ブロス」または「スープストック」、イタリア語圏では「ブロード」と呼ばれています。

 

フランス料理で使われるスープは主に「ブイヨン」と「フォン」に分かれており、用途を大まかに分類すると、ポタージュなどスープのベースにするものがブイヨン、シチューやソースのベースにするものがフォンです。
本格的なブイヨンを作る場合は、材料は牛すね肉に牛の脛骨、鶏、鶏ガラ、玉ねぎ、人参、ネギやセロリなどの香味野菜、ブーケガルニなどが必要となります。
この煮込んだものが「ポトフ」、できた出汁が「ブイヨン」です。
材料からも想像できるように、ブイヨンは野菜の風味を強く出した芳醇な香りのスープとなります。
この出来上がったブイヨンに、さらに脂肪の少ない肉や野菜を入れて煮立たせると、「コンソメ」の完成です。
コンソメは日本では固形スープの印象が強くなっていますが、実際にはこのように、非常に手間暇かけてできたスープと言えるでしょう。

「ブイヨン」の例文・用例

ブイヨン

ブイヨンを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●調理実習でブイヨンを作りました。
●リゾットを作るとき、ブイヨンで煮込むとすごく美味しいらしいよ。

SNSでの「ブイヨン」の使われ方

「ブイヨン」の類義語

ブイヨンの類義語はありませんでした。

「ブイヨン」の対義語・反意語

ブイヨンの対義語・反意語はありませんでした。