「キャスト」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「キャスト」の意味とは

キャストとは、主にファミリーレストランやファーストフード店などの接客を伴う飲食店において、パート・アルバイトの従業員という意味です。

「キャスト」の語源

キャストの語源は、英語の「cast」です。
「割り当てる」という意味が派生して、「映画・演劇・テレビドラマなどの配役」をさします。
配役の意味がさらに広がり、ファミリーレストランやファーストフード店の構成員を成すパート・アルバイトの従業員をさすようになりました。

「キャスト」の特徴

ある場所を一つの舞台やステージに見立て、そこで働く従業員を役者ととらえ、「キャスト」と使います。

来店客をさす「ゲスト」と対応させて用いられることが多いです。

「キャスト」の普及の背景

ディズニーランドでは、従業員を「キャスト」、来場者を「ゲスト」と呼びます。
創業者のウォルト・ディズニーが、ディズニーランドを一つの舞台に見立てて、その舞台で演じる者とそれを見る観客と考えたからです。

この派生した用いられ方が認知されるようになり、実際の演劇や映画でなくても、「キャスト」や「ゲスト」という呼び方を用いることが普及していったと考えられます。

「キャスト」のニュアンス

本来の用法である「映画・演劇・テレビドラマなどの配役」の意味合いが含まれます。
ある場所を一つの舞台やステージに見立て、そこで与えられた役割を演じ、客である「ゲスト」を楽しませたり喜ばせたりする人というニュアンスがあります。

「キャスト」はどこの界隈で使われるのか

飲食業界で用いられる用語です。主にメイド喫茶、クラブ、バーなど 接待の比率が高い飲食店では、従業員を「キャスト」と呼ぶ割合も高いようです。

「キャスト」と一緒に使われる言葉

キャストに対する言葉に「ゲスト」があります。ゲストとは客をさします。

「キャスト」の別の意味や使われ方

日本語のカタカナ語として定着した「キャスト」にはさまざまな意味があります。

「映画の豪華キャスト」「オリジナルキャストで上演される」などと表現された場合には、「配役」という意味です。
「配役」の意味で用いられる際は、「○○キャスト」と他の語と組み合わせて使われることが多いです。

他に、「放送」を意味する「ブロードキャスト(broadcast)」のように、「端末に向かってデータを送信する」という意味で「キャスト」が用いられることもあります。

また、スマートフォンなどを利用する際に「画面のキャスト」と用いられる場合は、端末のスクリーンをそのままテレビに表示する機能をさします。

さらに、英語の「cast」には「鋳造する」という意味もあることから、「鋳造・鋳型」の意味でも「キャスト」が用いられます。

場面や文脈によって「キャスト」がどのような意味で使われているのか注意しましょう。

「キャスト」の例文・用例

キャスト

キャストを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●ファミレスのキャスト募集に応募した。
キャストの仕事は結構大変だ。

SNSでの「キャスト」の使われ方

「キャスト」の類義語

キャストの類義語は、「クルー」「メイト」です。
意味は、パートやアルバイトの従業員です。こちらもファミリーレストランやファーストフード店で用いられることが多いです。
「クルー」の語源は、英語の「crew」で、もともとは「船の乗組員」をさしました。今では旅客機の乗務員を「エアクルー」と言ったりもします。
「メイト」の語源は、英語の「mate」で、「仲間」をさします。「クラスメイト」や「ルームメイト」など、同じ集団に属する仲間をさします。

「キャスト」の対義語・反意語

キャストの対義語は、「ゲスト」です。
意味は、お客さんです。