「エクセレント」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「エクセレント」の意味とは

エクセレントとは、優秀なや優れたという意味です。
「エクセレント」は英単語を元とするカタカナ語であり、広く浸透している単語となっています。
意味としては「優秀な、優れた」などを持っており、ニュアンス的には「最高に素晴らしい」といった意味も持っているのです。

褒め言葉としてかなり上位に位置しており、ニュアンスで紹介している「最高に素晴らしい」という意味での使われ方が多く見受けられます。
担任「良い」や「good」ではなく、それらを超えたところの褒め言葉と認識してしておきましょう。

また日常会話やSNS上などに限らず、ゲーム内でも見ることができます。
ゲームのプレイ結果が最高に良い時や、ゲームスコアがとても高い時などに「エクセレント」と表示されるゲームが多くあるのです。

ゲーム内でも多少よい結果程度だと「good(グッド)」などが使われ、より良い結果の時に「エクセレント」が使われます。

このようなところからも、褒め言葉として上位にある言葉だと判断することができるでしょう。

「エクセレント」の語源

エクセレントの語源は、excellentです。

エクセレントの語源は英語の「excellent」となり、その意味は「優秀な、優れている、群を抜いて素晴らしい」となります。
カタカナ語とほぼ同じ意味であり、ニュアンスまで含めれば違いはありません。

また英語の「excellent」も褒め言葉の上位に位置しており、その点に関してもカタカナ語と同じと言えるでしょう。

英語の意味や和訳がそのまま、カタカナ語の「エクセレント」でも同じく使われている単語となっています。
カタカナ語でも同じですが、英語でも「excellent」を使う際は褒め言葉の上位ですのでタイミングをよく考える必要があるでしょう。

英語もカタカナ語も、「本当に最高だ」と思える時のみに使うべき単語です。

「エクセレント」の派生語

エクセレントは、カタカナ語として派生し浸透してきている単語を持ち合わせているのです。

その単語は主にビジネスシーンで用いられており、「エクセレントカンパニー」という単語となります。
「エクセレント」が「優秀な、素晴らしい」などを意味しており、「カンパニー」が「企業や会社」を意味している組み合わせの単語です。

エクセレントカンパニーと言われたら、その対象となった企業は「超優良企業」ということになります。
もっといえば「極めて収益力の高い超優良企業」です。

ここでのポイントも「極めて」や、「超優良」という意味やニュアンスを含んでいることとなります。
単に収益力が高いだけでは当てはまらず、単に優良なだけでも当てはまりません。
どちらもそれらを通り越す、まさに群を抜いた評価のある企業を指しているのです。

「エクセレント」の意味やニュアンス、または使い方とまるっきり重なりますので覚えておくと便利でしょう。

「エクセレント」の例文・用例

エクセレント

エクセレントを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●今回の君の作品はコンクールでエクセレント だと好評価だったよ。
●嬉しいことに我が社はエクセレント カンパニーに選出されたよ。

SNSでの「エクセレント」の使われ方

「エクセレント」の類義語

エクセレントの類義語は、「ファンタスティック」です。
エクセレントは褒め言葉の上位の単語でした。
それには並ぶカタカナ語が、「ファンタスティック」であり類義語となります。

意味は「非常に素晴らしい様子」であり、エクセレントと近しいものです。
ただファンタスティックの方が、どちらかというと「感動的な」というニュアンスを強く含みます。
どちらも同じような意味ですが、使い分けをするとすれば「感動的な」を強く含むかどうかです。

「エクセレント」の対義語・反意語

エクセレントの対義語は、「バッド」です。
意味は、良くないや悪い様子です。

エクセレントの対義語として「バッド」を挙げていますが、本来は「グッド」の対義語とも言えます。

ではなぜエクセレントの対義語としているのかというと、こちらもゲームで使われる「エクセレント」の要素が強く反映しているためです。

ゲームで素晴らしい結果が出た際には「エクセレント」と表示され、良くない悪い結果の際には「バッド」と表示されることがほとんどとなります。

意味としても対義語ですし、こうしたカタカナ語としての使われ方でも対義語に位置しているのです。