「ガラムマサラ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ガラムマサラ」の意味とは

ガラムマサラとは、主にインド料理に使われている香辛料のことです。

 

一般的にガラムマサラには、3~10種類のスパイスが配合されており、配合するスパイスに決まりはなく、インドの家庭ごとに異なると言われています。
一般的には、ブラックペッパーやカルダモン、クミン、コリアンダー、クローブ、シナモン、ナツメグなどが用いられているものが多くみられるようです。
さらにチリペッパーを加え、辛みを強めることもあります。

「ガラムマサラ」の特徴

ガラムマサラを入れることによって、料理の味に深みや奥行き、辛味が強調されます。
料理にスパイシーさが欲しい時や、ルーで作ったカレーの仕上げに少量加えることで、香りを引き立てる香辛料です。

「カレー粉」と「ガラムマサラ」の違い

「カレー粉」と「ガラムマサラ」は、どちらも同じようなスパイスがミックスされています。
あえて別のものであることを表現するのであれば、「カレー粉」は香りや色、辛みのバランスがとれたミックススパイスであるのに対し、「ガラムマサラ」は香りづけ、辛みづけで活躍するミックススパイスと言えるでしょう。
また、カレー粉には色付けをするための「ターメリック」を含んでおり、「ガラムマサラ」には含まれていないところも違う点です。

「ガラムマサラ」の例文・用例

ガラムマサラ

ガラムマサラを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●香りの決め手は、最後に加えたガラムマサラです。
ガラムマサラってどこに行くと買えるの?

SNSでの「ガラムマサラ」の使われ方

「ガラムマサラ」の類義語

ガラムマサラの類義語はありませんでした。

「ガラムマサラ」の対義語・反意語

ガラムマサラの対義語・反意語はありませんでした。