「ホール」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ホール」の意味とは

ホールとは、パチンコやスロットで遊技することができる店舗という意味です。

「ホール」の語源

ホールの語源は、英語の「hall」です。
集会などに用いられる会館や公会堂、また講演会や演劇、コンサートなどが行われる広い場所のことをこのように呼んでいます。
パチンコやスロットの店舗も広い場所に遊技台が並び、そこに人が集まって遊技をすることができるようになっていることから、このように呼ばれるようになりました。

「ホール」の特徴

2019年末の時点で、ホールとして許可されている店舗は国内に9,639店存在します。ホールは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)」により、風俗営業の中の一業種と定められています。

ホールにはパチンコ・スロットの遊技台が並び、入店の受付などはなく自由に好きな台を選んで遊技を始めることができます。多くのホールが、パチンコとスロット両方の台を設置していますが、中にはスロットの専門店も存在します。
遊技台の他には「景品カウンター」という場所があり、遊技によって獲得した玉の数に応じて景品と交換することができます。
また、店舗によっては漫画や雑誌などが置いてありソファーに座ってくつろげる休憩スペースが設けられている場合もあります。

「ホール」が話題になった出来事

パチンコホールというとタバコの煙が充満しているイメージがありますが、2020年4月1日に施行された「改正健康増進法」によって、ホールでも屋内は原則禁煙となりました。
条件によっては、加熱式タバコなら可能なエリアや喫煙スペースを設けることができますが、基本的には遊技をしながらタバコを吸うという行為はできなくなっています。

「ホール」の例文・用例

ホール

ホールを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●いつも通ってたホールが閉店しちゃって悲しいよ~!!
●ここのホールはなんか相性がいいのか、いつも調子がいいんだよなぁ。

SNSでの「ホール」の使われ方

「ホール」の類義語

ホールの類義語は、「遊技場」です。
パチンコ・スロットを行うことができる場所をこのように呼ぶこともあります。
ボウリングやビリヤードといった遊技ができる場所も、これに当てはまります。

「ホール」の対義語・反意語

ホールの対義語・反意語はありませんでした。