「インターバル」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「インターバル」の意味とは

インターバルとは、ピッチャーがキャッチャーからボールを受けてから投球するまでの間隔という意味です。

「インターバル」の語源

インターバルの語源は、英語の「interval」です。
時間や距離の間隔という意味があり、野球においてはピッチャーが球を受けてから投げるまでの時間のことを表します。

「インターバル」に関するルール

ピッチャーがなかなか投球しないでいると試合が進まずにどんどん長引いてしまいます。そのため、プロ野球では2009年から「15秒ルール」というインターバルに関するルールが導入されました。ランナーが進塁していない時に限り、ピッチャーはキャッチャーからボールを受けてから15秒以内に投球しない場合、審判から「ボール」が宣告されるというものです。しかし実際の適用は珍しいルールとなっています。

「インターバル」の別の意味や使われ方

野球では攻守交代の際の試合が止まる時間のことを「イニングインターバル」と呼びます。
この他にも、投手や打者を交代する時に試合が止まっている状況なども「インターバル」と呼ぶことが多いです。近年ではこういった細かなインターバルはなるべく短縮して、試合時間をあまり長引かせないようにしようという意見が多く聞かれます。

また、トレーニングの分野では「インターバル走」というものがあり、一定の間隔でダッシュとジョギングを繰り返す方法のことをいいます。これによって心肺機能やスタミナ、披露回復力などが向上するなど、多くのメリットがあります。

「インターバル」の例文・用例

インターバル

インターバルを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●あのピッチャーはいつもインターバルが短くてどんどん試合が展開していくんだよね。
インターバルが長すぎるとランナーの調子も狂うなぁ。

SNSでの「インターバル」の使われ方

「インターバル」の類義語

インターバルの類義語は、「投球間隔」です。
こちらも野球においてのインターバルと同義で使われます。

「インターバル」の対義語・反意語

インターバルの対義語・反意語はありませんでした。