「ミオーマ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ミオーマ」の意味とは

ミオーマとは、子宮筋腫という意味です。

ミオーマは腫瘍であり、小さなものも含めた場合30歳以上の女性の約20~30%にみられます。
がんのような悪性の腫瘍ではありませんが、痛みや貧血やなどの様々な症状を引き起こす原因になるものです。
ミオーマは、卵巣から分泌される女性ホルモンにより大きくなりますが、閉経すると小さくなります。
複数個できることも珍しくなく、その大きさや数は人に寄りさまざまです。
できる場所や大きさにより、自覚症状が異なります。
また、できる場所は子宮の内側の「粘膜下筋腫」、子宮の筋肉の中「筋層内筋腫」、子宮の外側「漿膜下筋腫」で分けられています。

「ミオーマ」の症状

ミオーマの主たる症状は、月経痛と月経の量が多くなることです。
他にもに不正出血や、腰痛、頻尿、不妊、習慣流産などの症状がみられることがあります。
症状はできる場所と関係が深く、子宮の内側の筋腫は小さくても強い症状となり、月経量も多くなる傾向にあるようです。
逆に子宮の外にできた筋腫は、大きくなっても症状が出ないものもあり、治療の要否はできた場所や症状によっても異なります。

「ミオーマ」の診断方法

ミオーマは婦人科での診察と超音波検査で診断を行います。
その結果、大きな筋腫である場合や手術を検討する場合には、MRI検査をすることもあります。

「ミオーマ」の治療法

ミオーマの治療法は、手術と投薬です。
手術の場合、「子宮全摘術」もしくは筋腫だけを取る「筋腫核出術」とがあります。
将来的に子供がほしい人、子宮したい人は筋腫だけを取る手術を実施しますが、手術での出血が多いことが難点です。
また、見てもわからない小さな筋腫が残される可能性もあり、時間が経ってから再発することもあります。
最近では腹腔鏡を使って手術を行う施設も増えていますが、ミオーマの大きさや場所によって施術が難しい場合があるようです。

根本的にミオーマを治す薬は現在のところありません。
しかし、薬でミオーマを小さくすることや、痛みや出血などの症状を軽減することは可能です。
薬を使っての治療は、月経を止める「偽閉経療法」が行われます。
ただし、女性ホルモンの分泌を少なくする方法のため、更年期の症状が出たり骨量が減少するなどの恐れがあるため、多くの場合は手術前の一時的な使用や、閉経が近い女性の一時的な治療として行われるものです。
また、女性ホルモンの量が少ないピルを服用することで、筋腫が大きくならずに症状も緩和されることがあります。
その他、子宮を栄養を運ぶする血管をつめてる治療法「子宮動脈塞栓術」があります。

なお、ミオーマが小さく無症状の場合、治療の必要はありません。

「ミオーマ」の例文・用例

ミオーマ

ミオーマを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●検査したけど、どうやらミオーマじゃなかったみたい。
●最初に行った病院ではミオーマがあるって言われていたんですが…。

SNSでの「ミオーマ」の使われ方

「ミオーマ」の類義語

ミオーマの類義語は「子宮筋腫」です。

「ミオーマ」の対義語・反意語

ミオーマの対義語・反意語はありませんでした。