「オーラルケア」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「オーラルケア」の意味とは

オーラルとは、口の中を清潔にするための手入れという意味です。

主に歯ブラシや口腔内の洗浄液などを利用して行う自宅での手入れや、歯科医院にて歯科衛生士により行われる口腔内のクリーニングのことを指します。

虫歯だけではなく、口臭や歯周病の予防のためにも行われます。

「オーラルケア」の特徴

日本は世界に比べてオーラルケアへの意識が低いと言われており、実際、欧米よりも非常に遅れているといっても過言ではありません。

もともとオーラルケアは、日本が江戸時代だった200年前にアメリカで普及し始めます。

世界で初めて歯間の掃除を推奨する歯科医師が現れたのです。

その後、ヨーロッパにもオーラルケアの大切さは広がっていきます。

オーラルケアの先進国であるスウェーデンも、オーラルケアが普及するまでは多くの人が虫歯や歯周病に苦しんでいました。

1970年代に入り、スウェーデンでは国の医療費がかさむことを踏まえて、虫歯と歯周病の予防を国家戦略として掲げたのです。

まさに、国を挙げての一大戦略となり、その結果、今やスウェーデンは世界一歯科疾患の少ない国へと登りつめたのです。

日本にオーラルケアが入ってきたのは、1993年のこと。

「日本に歯科予防を広める」といった明確なビジョンを掲げて勧められ、予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士の技術が浸透していきました。

「オーラルケア」の正しいやり方

オーラルケアでは、口腔内に残った食べ物の残りかすや歯垢、さらには舌についた汚れである舌苔を綺麗にしていきます。

歯ブラシはもちろん、デンタルフロスや歯間ブラシ、デンタルリンスなどを使用した手入れも行います。

歯ブラシでは落としきれない汚れをそのまま放置しておくと、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

それらを落とすためにデンタルフロスや歯間ブラシが活躍することになります。

また、舌の汚れは口臭の原因となるので、舌ブラシを使って除去していきます。
これらの表面についた汚れは自宅でも除去できるのですが、歯石となってしまうと自宅で除去するのが難しくなります。

その場合は、歯科医院でのオーラルケアが必要です。

自宅でのオーラルケアがしっかりできていても取りきれない汚れはあるため、定期的な歯科医院でのオーラルケアが大切なのです。

「オーラルケア」の例文・用例

オーラルケア

オーラルケアを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●毎日の、オーラルケアが欠かせない。
オーラルケアを怠ったので虫歯になった。

SNSでの「オーラルケア」の使われ方

「オーラルケア」の類義語

オーラルケアの類義語は、「プラークコントロール」です。

意味は、口腔内の細菌の塊であるプラークを減らすことです。

「オーラルケア」の対義語・反意語

オーラルケアの対義語・反意語はありませんでした。