「リール」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「リール」の意味とは

リールとは、パチスロで抽選で必要な図柄が描かれている回転胴という意味です。

3本以上であれば制限はなく、必ず3本でなくても構いません。
ストップボタンの押下に止まるリールのことを「メインリール」、演出に順応して止まるリールは「サブリール」などと呼ばれています。
視認性向上のために、リールの幅は年々拡張する傾向にありましたが、演出を優先させる目的で液晶画面とリールを重る傾向であるため、最近は多くのメーカーで4号機時代よりも小さく設定されるようになりました。
また、極端に小さいリールを搭載する機種も徐々に増えています。

ボタン

回転しているリールを停止させる装置です。
初期は「タッチセンサー型」が多く、年季の入ったプレイヤーが指を滑らせる動きでにボタンを止めることを「擦る」というのはこの名残と言われています。
法的には「ボタン」があることで、パチンコと同様に遊技機とみなされており、パチンコのように出玉(あるいは出メダル)を景品と交換することが認められています。

透過パネル

有機LEDや透過型LCDを利用して、リールの手前の透過板に映像を映し出す仕組みのことです。
単色とフルカラーがあり、リール上で別の図柄が浮かぶなどの演出が発生します。

「リール」の別の意味や使われ方

「リール」別の意味や使われ方には、次のようなものがあります。

釣りで使う「リール」

釣り竿に取り付け、釣り糸を巻き取る道具のことです。
代表的なリールには、スピニングリールがあります。

Instagramの「リール」

Instagramの機能の一つである「リール」とは、15秒の動画を閲覧・投稿する機能です。
音楽や歌に合わせて踊る、映像エフェクトを使用してほかのユーザーの動画を模倣する、複数動画をアップロードして繋ぎ合わせるなどが可能で、新しい表現方法として注目されています。
ストーリーズと違って、24時間で消えることはありません。

「リール」の例文・用例

リール

リールを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●新しく買ったやつより、修理したリールの方がなじんでて使いやすいんだ。
●自分のリールを、欲しがっていた長男にあげた。

SNSでの「リール」の使われ方

「リール」の類義語

リールの類義語はありませんでした。

「リール」の対義語・反意語

リールの対義語・反意語はありませんでした。