「ストマック」とは?意味と例文が3秒でわかる!

 

「ストマック」の意味とは

ストマックとは、、またはという意味です。

「ストマック」の語源

ストマックの語源は、英語で「胃」、「腹」を意味する名詞「stomach」です。

「ストマック」の特徴

ストマックとは、医療現場において、胃または腹を意味する言葉として用いられます。

「ストマック」の表現の広がり

英語に由来する「ストマック」ですが、医療現場では、別の外国語に由来する用語も使われています。

マーゲン(Magen)ドイツ語

ドイツ語に由来します。医薬の現場で使われることが多いようです。

ガストリック(Gastric)英語

英語で「胃の」を意味する形容詞です。「Gastric Juice [Fluid]」で「胃液」をさします。

「ストマック」の利用時の注意点

医療現場では、場面や用語によって、同じ胃を意味していても、「ストマック」、「マーゲン」、「ガストリック」など異なる表現が使われています。
医学用語はドイツ語由来の用語が多いため、「マーゲン」も覚えておきましょう。

「ストマック」の派生パターン

ストマックを使った用語をいくつか紹介します。

フルストマック(full stomach)

お腹がいっぱいの状態、胃の中に内容物がある状態を意味します。
麻酔を打つ際にフルストマックだと、嘔吐や誤嚥のリスクが高まります。そのため、麻酔前には絶飲食を求められます。

カスケードストマック(cascade stomach; waterfall stomach)

瀑状胃(ばくじょうい)のことで、胃の上部(胃底部)が背中側に折れ曲がった状態を意味します。
胃のX線撮影の際に、折れ曲がった胃底部に溜まったバリウムが、体の向きによって、本来の胃袋(胃体部)へ滝(瀑布)のように流れ落ちることから、そう名付けられたました。
カスケードストマックは胃が2つあるようなもので、飲食物はまず胃底部(第1の胃)に溜まり、それが身体の姿勢か胃の運動により、あるタイミングでまとめて胃体部(第2の胃)に送り込まれます。

「ストマック」の別の意味や使われ方

競馬Youtuberに「ストマック」がいます。
2021年2月現在でチャンネル登録者数12.5万人を超える人気Youtuberです。

「ストマック」の英語表現

英語では、「stomach」と表現します。「腹痛」は「stomachache」と表現します。
―lie on one’s stomach(食べ物が胃にもたれる)
―be sick at the stomach(胃がむかむかする)
―I have a shape pain in the stomach.(胃に激しい痛みがある。)
―My stomach is growling.(おなかが鳴っている。)

英語の「stomach」には「食欲」や、否定文で用いられて「欲望」「意向」「好み」といった意味を持つこともあります。
―have a good stomach for …(…を食べたがる)
―have a no stomach for …(…を食べたがらない)
―i have no stomach for this trip.(この旅行に気乗りがしない。)

「ストマック」の例文・用例

ストマック

ストマックを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●麻酔時にフルストマックだと嘔吐や誤嚥が発生する。
ストマックに激しい痛みのある患者が搬送された。

SNSでの「ストマック」の使われ方

「ストマック」の類義語

ストマックの類義語はありませんでした。

「ストマック」の対義語・反意語

ストマックの対義語・反意語はありませんでした。