「ウィメノミクス」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「ウィメノミクス」の意味とは

ウィメノミクスとは、日本の経済成長のため、女性の労働機会、活動の場を充実させ、女性が輝く社会の仕組みを作る、アベノミクスの中核となった政策です。

ウィメノミクスは、日本の経済活性化を目指す安倍晋三政権がたたき出した経済改革の要素の一つで、日本経済の中に女性の労働力、女性の潜在能力を積極的・集中的に組み込むことが目的です。
ゴールドマンサックスの試算によれば、女性は経済の成長ををけん引するエンジンとしての役割を果たすとされ、「日本の女性の就業率が、男性並みに上昇すると、GDPが最大13%上昇する」としています。
2020年の成果目標として、「指導的地位に占める女性の割合を少なくとも30%程度」「25~44歳の女性就業率を73%」まで引き上げることを目標にしていました。

「ウィメノミクス」の語源

ウィメノミクスは、「ウィメン(woman)」と「アベノミクス」を合わせてできた言葉です。

「ウィメノミクス」のための行動計画

ウィメノミクスでは目標として、2020年までに女性の就業率を男性の就業率に近づけることを掲げました。
また、女性管理職の数の引き上げや、男女の賃金格差の是正、保育園や幼稚園の受け入れ人数引き上げ、税制改革などを挙げています。

「ウィメノミクス」の例文・用例

ウィメノミクス

ウィメノミクスを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●前総理が掲げたウィメノミクスは、国民の全てを国のために働かせるための詭弁だ。
ウィメノミクスなんて言われなくても、働かなきゃ食べていけません。

SNSでの「ウィメノミクス」の使われ方

「ウィメノミクス」の類義語

ウィメノミクスの類義語はありませんでした。

「ウィメノミクス」の対義語・反意語

ウィメノミクスの対義語・反意語はありませんでした。