「気配」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「気配」の意味とは

気配とは、馬の体や気合い、歩く様など、その馬を総合的に見た状態という意味です。
これといった具体性がなくても、馬の見た感じが良い場合に「気配が良い」「好気配」と言うこともあります。
また、追いきりやレースまでの過程での良し悪しのことを「中間の気配」と表現します。

「気配」と「気合」の違い

「気配」と「気合」は混同しやすい用語ですが、「気合」は競走に向かっての馬の気分の充実度を表します。
馬が「気合がいい」「気合が乗る」などと表現されていれば、元気な状態の馬であるということです。
「気配」は、その気合を含み、馬の出来具合いや動き、落ち着きの度合いなど、全てを観察した状態を言います。

「返し馬」でその日の馬の「気配」がわかる

馬がコース内に入ると、本番前のウォーミングアップである「返し馬」が始まります。
返し馬では、迫力たっぷりに駆け出す馬もいれば、ダグ程度にとどめる馬もいますが、馬の気合の乗り方をチェックできる機会です。
返し馬では、走っているフォームは乱れていないか、その日の騎手と息が合った走りをしているかなどを中心に観察します。
しかし、調子が良いように見えた馬の気配が、レースで一変することもあるようですので、参考にとどめましょう。

「気配」の例文・用例

気配

気配を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●一時は成績が延びなかったけれど、今日は気配良好。
●この馬からは勝負気配を感じる。

SNSでの「気配」の使われ方

「気配」の類義語

気配の類義語はありませんでした。

「気配」の対義語・反意語

気配の対義語・反意語はありませんでした。