「日本騎手クラブ」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「日本騎手クラブ」の意味とは

日本騎手クラブとは、日本中央競馬会(JRA)に所属し騎手免許を交付された騎手の組織のことで、「騎手会」とも呼ばれる組織です。

 

任意団体ですが、現在日本中央競馬会に所属している騎手は全員が加盟しており、関東(美浦)と関西(栗東)の支部に分かれています。
役員の任期は2年で、理事の互選で会長、副会長、支部長を選出し、会長は「日本中央競馬会運営審議会」委員にも任命されています。
日本騎手クラブでは騎手の福祉増進のため、必要な共済制度などのほか、ファンとの交流イベント、ボランティア、チャリティーを行っています。

騎手は命に関わるような事故が起きやすいため、使用する馬具、競馬場の施設やコースの改善と改修を議論し、競馬会へ提案することが日本騎手クラブの重要な役目となっています。
現在騎手が競走で着用しているヘルメットや、勝負服の下に着用するジャケットなどにも、日本騎手クラブの提案が生かされています。

「日本騎手クラブ」の例文・用例

日本騎手クラブ

日本騎手クラブを使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

●この感染症対策のためのマスクやガウンは日本騎手クラブからの寄付で購入されました。
●あの人は日本騎手クラブの会長として尽力したにもかかわらず、なかなか報道されなかった。

SNSでの「日本騎手クラブ」の使われ方

「日本騎手クラブ」の類義語

日本騎手クラブの類義語はありませんでした。

「日本騎手クラブ」の対義語・反意語

日本騎手クラブの対義語・反意語はありませんでした。