「黒星」とは?意味と例文が3秒でわかる!

「黒星」の意味とは

黒星とは、相撲の星取表で負けのしるし(●)です。

「黒星」の語源

黒い丸(●)を「黒星」と呼ぶのは、江戸時代頃の日本では丸い印のことを「星」と呼んでいたことに由来しています。江戸時代までの日本は、丸印が星に見立てられていました。

「黒星」の特徴

相撲においては、勝負の結果を、勝ちを「〇」、負けを「●」で表現し、星取表と呼ばれる表に記載していきます。
黒星とは、負けを表す「●」のことで、勝負に負けたことを表します。

「黒星」の英語表現

英語では、「負け星」を直訳して「a black mark」「a defeat mark」と表現したり、「負け」という意味の「a defeat」「a loss」と表現します。
―The sumo wrestler has a lot of losses.[He has a large number of defeats.](その力士は黒星が多い。)
―He has more losses than wins.(彼は黒星が先行している。)
-The yokozuna lost for the first time in this tournament.(横綱は今場所初の黒星を喫した。)

「黒星」の別の意味や使われ方

相撲の黒星の意味から転じて、「失敗」「失策」という意味で使われる場合もあります。
―最近の政府は黒星続きだ。
―警察はまたもや犯人を取り逃がし、黒星が続いている。

「黒星」の例文・用例

黒星

黒星を使った例文・用例を紹介します。

✓例文・用例

黒星が先行している。
●横綱の黒星スタートで始まった波乱の場所だ。

SNSでの「黒星」の使われ方

「黒星」の類義語

黒星の類義語は、「土が付く」です。
意味は、相撲で勝負に負けることです。相撲では負けると、負けた力士の体に土俵の土が付着することから、「土が付く」が「負け」を表すようになりました。寄り切りなどで、実際には負け力士に土が付着しないときでも、慣用的に「土が付く」と用いられます。

「黒星」の対義語・反意語

黒星の対義語は、「白星」「勝ち星」です。
意味は、相撲の勝ちのしるし「〇」のことです。星取表の白丸をさします。
転じて、手柄を立てることという意味もあります。